ミック・シューマッハ 「もうどのF1ドライバーとのバトルも恐れていない」
F1オーストラリアグランプリでルイス・ハミルトンと戦ったミック・シューマッハは、“本当に特別”だと称するバトルから貴重な教訓を学んだと語る。

F1初ポイントを獲得したシルバーストンのレース後半でのバトルに続き、ミック・シューマッハはオーストリアでもルイス・ハミルトンとバトルを展開した。

7番グリッドと9番グリッドに並んだスプリントでは、ミック・シューマッハは、最後から2周に抜かれるまで7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンを抑えた。

翌日の決勝では、序盤に小さなミスを犯したルイス・ハミルトンをミック・シューマッハが追い抜いた。だが、10周後にはハミルトンがターン8でシューマッハを抜き返した。

「僕が学んだ主なことは、誰もが人間であり、誰もがミスを犯すということです」とミック・シューマッハは103回のグランプリウィナーであるルイス・ハミルトンとの戦いについて語った。

「誰もがプレッシャーにさらされており、時にはミスをポイントに達することがある」。

「それを知ることは僕にとって重要であり、そこにいる誰との戦いも恐れていない」

ルイス・ハミルトンは最終的にクリアになり、4位でチェッカーを受け、ミック・シューマッハは6位になり、2戦連続でトップ10フィニッシュを達成した。

「週末の初めに多くの人が僕たちを過小評価していたと思う。彼らが間違っていることを証明できて良かった」とミック・シューマッハは語った。

「僕たちは再びルイスと戦うのに十分な速さがあった。本当に特別なバトルだった」

チームメイトのケビン・マグヌッセンもトップ10以内でフィニッシュしたため、ハースF1チームは2戦連続でダブルポイントフィニッシュを成し遂げた。

ハースF1チームにとって印象的な数週間だった。ハースF1チームはまだ車をアップグレードしていない唯一のチ-ムであり、フランスGPまでそれを遅らせることを選択しました。

つまり、ミック・シューマッハがレースをしている車は、チームが3月のプレシーズンテストの最終日に走った車とまったく同じだ。

「僕たちは車が持っているポテンシャルを示しました。また、ドライバーが持っている可能性も示したと思う」とミック・シューマッハは付け加えた。

「僕たちは自分の車が速くなるために何が必要かを知っている。今年の初めに強い車を持っていた。もちろん、いくつかのチームはアップデートをもたらしている」

「セットアップの面で少し道に迷った部分もあったかもしれけど、その後、非常に良いセットアップに戻り、他の人々はパッケージに苦労したかもしれない」

「それにとって、僕たちが見た結果を達成できた」

ミック・シューマッハ ハースF1チーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース