ハースF1のミック・シューマッハ 「2022年マシンの進捗はポジティブ」
ハースF1のミック・シューマッハは、自分のためにF1マシンを開発する機会を楽しんでいると語り、これまでのところ、2022年F1マシンの兆候は“非常にポジティブ”だと考えている。

ルーキーシーズンを終えたミック・シューマッハは、現在、2022年のF1マシンの開発を支援するために舞台裏で作業を進めている。

ハースF1は、2021年シーズンが始まる前にすべての開発リソースを2022年F1マシンに投資することを決定。その結果、シーズン全体でフィールドの後方での戦いを強いられた。

しかし、チーム代表のギュンター・シュタイナーは、ハースF1がマシンをアップグレードしなかったにも関わらず、シーズン終盤に競争力を高めたように見えたことは驚きだったと認めている。

ミック・シューマッハは、その改善に起因しており、ハースF1はシーズンが進むについてマシンを最大限に活用するために協力してより良くなっていった。

2022年F1マシン『VF-22』は、ミック・シューマッハの意見を取り入れては開発が進められており、彼が目にしたものをポジティブに感じていると語る。

「僕が見聞きした感じでは、マシンは非常にポジティブに見える」とF1での2シーズン目にむけてミック・シューマッハはMotorsportに語った。

「大きな期待を持っている。それらの期待が新年にコース上で満たされることを期待している」

F1でのミック・シューマッハのルーキーイヤーは、トップレベルのマシンがどのように発展し、セットアップの方向性をどのように形作るのを助けることができるかを初めて見ることができた。

そして、ミック・シューマッハは、ハースF1が次世代F1マシンを構築する方法に興味をそそられたと語る。

「物事が全般的にどのように機能するか、そして、特にF1カーがどのように機能するかは僕がいつも興味を持っていたことだ」とミック・シューマッハは語った。

「僕は2022年の自動車の開発に深く関わっている。すべてのCAD(コンピューター支援設計)モデルなどで、それを理解し、見ていきたいと思っている」

「だから、今年の初めに分析するのを楽しみにしているポイントは間違いなくたくさんある」

ミック・シューマッハは「ファクトリーのチームと協力して、自分のマシンのあり方についてインプットできる」ことに興奮しており、マシンの方向性の一部を自分に合わせて調整する機会を楽しんだと付け加えた。それは彼はこれまで経験したことがないことだ。

「すべての人のためではなく、いわば僕のためにマシンが作られたのは初めてだ」とミック・シューマッハは語った。

「それは僕たちの寸法やヘルメットにかなり合わせて調整されているので、すべてが調和してフィットしている」

ハースF1は、フェラーリのマラネロの敷地内に新設したデザイン部門で『VF-22』を設計。すでにクラッシュテストに合格してシャシーはホモロゲートされている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース