ミック・シューマッハ 「ニキータ・マゼピンとの状況はすぐには修復不能」 / ハースF1チーム
ハースF1チームでのミック・シューマッハとニキータ・マゼピンの関係は崩壊し、すぐに修復する見込みはほとんどないようだ。

今シーズン、グリッドで最も遅いマシンで後方を戦う二人のルーキーの間には幾度となくコース上で絡むシーンがあったが、F1オランダGPでもいくつかの引火点があり、ハースF1チームに頭痛の種をもたらした。

予選では、ニキータ・マゼピンは、Q1でミック・シューマッハがチームとの決め事を無視して最初に出て行った自分を追い抜いたとして非難。決勝では早い段階でマゼピンがシューマッハに対してかなり強引が防御をして、チームメイトを数回ウォールに追いやった。

これらの行動はミック・シューマッハを苛立たせ、むしろ混乱させた。

「トラックの経験は問題なかったと思うけど、今回もなぜかチームメイトと少し絡むことがあった。僕には理解できないようなね。そういう風に思える」とミック・シューマッハは Sky F1 に語った。

二人で状況を話し合って正しく理解できるかどうかを尋ねられたミック・シューマッハは「正直、そうは思わない」と答えた。

「彼は頭の中は、どんな犠牲を払っても僕の前にいたいと思っているようだ。それは問題ないし、僕としてもそれに反対することは何もない。でも、チームメイトに対してとてもアグレッシブに防御するところまで行ってしまうと、そこから得るものはないにもないと思う。それは正しいアプローチではないと思う」

ミック・シューマッハは、ハースのF1ドライバーは最も遅いマシンに乗っているので、比較できるのはチームメイトしかいないとしながらも「でも、彼が僕をウォールに押しやったという事実は正当化されない」と語る。

「基本的、僕はピットレーンに入るくらいにプッシュされた。繰り返しになるけど、これは正しい方法ではないと思う。チームと話し合う必要があるかもしれない」

ミック・シューマッハは、危険な運転であるだと自分が認識しているニキータ・マゼピンにどのような結果が訪れるかを見たいと考えており、自分だけがそれに煩わされているいるわけではないと付け加えた。

「すでに僕のフロントノーズがそる場合、そこから急に動いて、基本的にピットレーンに押し込むのは少し遅いと思う」とミック・シューマッハは語った。

「彼が今日までそれをしたのは僕だけではないと思う。数人の人がそれを目にするだろうし、将来的にその結果が出てくることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミック・シューマッハ / ハース / ニキータ・マゼピン