F1 ミック・シューマッハ
ミック・シューマッハは、新たなマネージャーとしてニコラス・トッドと契約した。

これまでミック・シューマッハのキャリアは、父であるミハエル・シューマッハのマネージャーを務めていることで有名なザビーネ・ケームが扱ってきた。

しかし、Sky Italia は「フェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入したチャンピオンの息子はマネージャーのニコラス・トッドと仕事をすることを選択した」と報じた。

FIA会長のジャン・トッドの息子であるニコラス・トッドは、数日前にミック・シューマッハのF1デビューを急ぐことはないと述べていた。

「ミックは、今でなければ二度とはないとは言っていない。彼はまだ学ばなければならないことがたくさんあることをわかっている。彼は若い」とニコラス・トッドは Speed Week にコメント。

「できるだけ早くにグランプリレーサーになることが目標ではない。ゴールはF1に到達し、そこに留まることでなければならない。私はグランプリレーシングのために準備を整えることが重要だと考えている。ジュニアクラスで定期的に勝てること、さらに圧倒的な強さで勝てることを証明しなければならない。それからが次のステップに進むときだ」

「ほとんどのドライバーがすべてを急いでしまい、後からそれが間違いであることに気づいている」

ミハエル・シューマッハとジャン・トッドは、フェラーリの黄金時代にともに仕事をしていた。そして、ジャン・トッドは、今でもミハエル・シューマッハと家族と交友関係を続けている。

「彼はこれまで以上に私と親しくなっている」と元フェラーリのチーム代表を務めたジャン・トッドは Bild にコメント。

「彼についてすべてのことを知っていると言ってもいいだろう」

メディアは、シューマッハ - フェラーリ - トッドが再び組んだことは、伝説的なフェラーリのF1チームにとって“素晴らしいクーデター”だと語った。

ニコラス・トッドは、今年フェラーリF1チームに昇格したシャルル・ルクレールのマネージャーも担当している。

ニコラス・トッド

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミック・シューマッハ