ミック・シューマッハの2021年12月のF1情報を一覧表示します。

ミック・シューマッハ、2021年F1シーズンの“クラッシュ・チャンピオン”

2021年12月22日
ミック・シューマッハ、2021年F1シーズンの“クラッシュ・チャンピオン” / 修理代ランキング
ハースF1のミック・シューマッハは、2021年のF1世界選手権で他のドライバーよりもチームの修理費用が高額なドライバーとして算出された。

Sky GermanyやBildを含めたメディアは、2021年のクラッシュによるチームの損害額を詳細に分析。今年ハースF1でデビューを果たしたミック・シューマッハは、4,212,500ユーロ(約5億4000万円)でシャルル・ルクレール(フェラーリ) - をわずかに上回って1位にランクされた。

ミック・シューマッハ、2022年はフェラーリF1のリザーブドライバーも兼務

2021年12月22日
ミック・シューマッハ、2022年はフェラーリF1のリザーブドライバーも兼務
ミック・シューマッハは、2022年のF1世界選手権でアントニオ・ジョビナッツィがその役割を果たすことが特定のレースでフェラーリF1のリザーブドライバーを務め、必要に応じてはハースを離れてフェラーリF1からレースに出場することになる。

2020年のFIA-F2チャンピオンであるミック・シューマッハは、ルーキーシーズンでチームメイトのニキータ・マゼピンを快適に上回り、競争力のないハースのF1マシンで2度のQ2進出を果たして感銘を与えた。

セバスチャン・ベッテル、ミック・シューマッハのF1ルーキーシーズンを称賛

2021年12月21日
セバスチャン・ベッテル、ミック・シューマッハのF1ルーキーシーズンを称賛 「パドックに最初に来て最後に帰る」
セバスチャン・ベッテルとミック・シューマッハが素晴らしい友人であることは周知の事実だ。そして、4回のF1ワールドチャンピオンはハースF1のルーキーの厳しい最初のシーズンの労働倫理を賞賛した。

アルトンマーティンF1に所属するセバスチャン・ベッテルは、ミック・シューマッハのメンターの役割を果たした。ハースF1は、2022年に次世代F1マシンに焦点を当てるためにVF-21の開発を断念することを決定。ミック・シューマッハはノーポイントでシーズンをF1デビューシーズンを終えた。

ミック・シューマッハ 「ラッセルのDRSに入ろうとしてプッシュしすぎた」

2021年12月7日
ミック・シューマッハ 「ラッセルのDRSに入ろうとしてプッシュしすぎた」 F1サウジアラビアGP 決勝
ハースF1のミック・シューマッハは、F1サウジアラビアGPの決勝をリタイアで終えた。

ミック・シューマッハは、10周目にバリアにクラッシュ。1回目の赤旗中断の原因となった。

「残念ながら、(ジョージ)ラッセルのDRSウィンドウに入ろうとして、少しプッシュしすぎてしまった」とミック・シューマッハ。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム