メルセデスF1代表 「ミック・シューマッハをリザーブに迎える用意はある」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ミック・シューマッハが状況を受け入れてくれるならば、メルセデスは彼をリザーブドライバーとしてF1チームに迎え入れる用意があると語った。

ミック・シューマッハは先週末のシーズン最終戦F1アブダビGPの後、ハースF1チームを去った。チームは2023年にシューマッハに代えてニコ・ヒュルケンベルグを起用することを選択した。

メルセデスF1は2023年のリザーブドライバーを必要としている。ストフェル・バンドーンは、フォーミュラEでDSペンスキーのためにレースをしながら、アストンマーティンのリザーブドライバーを務めることが決定。

もう1人の2022年リザーブドライバーであるであるニック・デ・フリースは、F1でフルタイムでレースするためにスクーデリア・アルファタウリと契約した。

「たとえファミリーが変わったとしても、ニックがリアルなF1シートに戻れたことを本当に誇りに思う」とトト・ヴォルフは語った。

「彼はF1に値する。彼がフォーミュラEでワールドチャンピオンシップを獲得したもそれを示している。我々のリザーブを務めたことは彼にとって正しかったし、我々にとっても正しかった。それはストフェルにも言える」

シューマッハ家はメルセデスとの歴史があり、ミックの父ミハエル・シューマッハは 2010 年から 2012 年までの 3 年間を F1チーム で過ごした。

2020年のF2チャンピオンでミック・シューマッハは、将来F1グリッドに復帰することを目標にしており、メルセデスはシューマッハをチームに受け入れる用意があることをトト・ヴォルフは認めた。

「ミハエルやシューマッハファミリー全体により、ミックは常に我々の心に寄り添ってきた人物だ」とトト・ヴォルフは語った。

「ラルフは我々のために長い間 DTM に乗っていました。彼の息子(デビッド)は GT でメルセデスとレースをしている」

「彼は知的で礼儀正しい若者だ。彼はジュニアフォーミュラで大きな成功を収めている」

「その状況が発生した場合、チームにぴったりの人物であり、彼の世話をすることができると信じているが、実際には契約書を書き始めているわけではない。条件を詰める段階ではない」

「私はそれをオープンに見ている。なぜなら彼はぴったりだと思うし、今はそれを実現する必要がある。もし彼が望むなら、ザビーヌ(ケーム/マネージャー)が望むなら、どこに進むべきかを見ていく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ミック・シューマッハ