F1エンジン搭載のメルセデスAMG ONE、ニュルの市販車最速タイムを更新
改良されたF1エンジンを搭載するメルセデスAMG ONEが、ニュルブルクリンクで公道走行可能な市販車の新しいラップレコードを打ち立てた。

2016年型のメルセデスのF1パワーユニットをベースにしたV6ターボ ハイブリッド エンジンを搭載するメルセデス AMG ONEは、6:30.705 のタイムを記録し、ポルシェ 911 GT2 RS MR が以前に保持していた記録を10秒近く短縮した。

このラップは、今年の10月28日の午後5時15分にトラックが閉鎖される直前の午後5時14分、メルセデス GT3 ドライバーのマロ・エンゲルによって設定された。秋のコンディションは理想とはほど遠いものだったが、コースは走るたびに良くなり、エンゲルは最後までベストを尽くした。

「本当に忘れられない経験だった」とマロ・エンゲルは語った。

「このような路面コンディションで、このようなラップタイムを記録できるとは思っていなかった。路面のいくつかの重要なエリアでは、まだ完全に乾いていなかったので、トリッキーだった。特別な挑戦だった。事前テストで最適な展開戦略を見つけようと頑張った」

「ルイス・ハミルトンやジョージ・ラッセルがレース週末に行ったように、僕もハイブリッドドライブの電気エネルギーを可能な限り最善の方法でデプロイしなければならなかった。これは簡単なことではない。特にこの長いトラックではそうだ。さらにDRS機能も最適に使わなければならなかった。でも、それは本物のF1フィーリングでもあった」

ニュルブルクリンクのラップレコードは、最高速度や 0 ~ 60 タイムなどのトップ トランプ スタイルの数字ではなく、車のハンドリングに重点を置いているため、公道走行可能なパフォーマンス カーの究極のテストと見なされることがよくある。

1,000 bhp 以上を生成するメルセデスAMG OONE は、すでに 270 万ドル(約3億8200万円)以上で顧客に販売された275台の生産モデルと同じ仕様だった。また、最終的な量産車で使用されるのと同じミシュランの公道走行可能なタイヤも特徴だった。

このラップは、フェラーリのドライバー、クレイ・レガツォーニが 1975 年に設定した F1 ラップ記録よりも 30 秒以上速かったが、期間中の F1 タイムはすべて、2 キロメートル長い別のレイアウトで設定された。

メルセデスの新たの市販車のラップレコードは、アストンマーティンがエイドリアン・ニューウェイが設計したヴァルキリーでニュルブルクリンクの公式タイムを設定しようとするかどうかという疑問を提起する。理論的には、ヴァルキリーの高度なアンダーフロアアエアロダイナミクスは、メルセデスAMG ONEよりもさらに速くなるはずだが、まだタイムは設定されていない。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / 自動車ニュース