メルセデスF1代表 「ホンダの協力によってレッドブルは2026年も強い」
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、2026年に独自のF1パワーユニット参戦するとき、レッドブル・レーシングがすぐにペースを上げられることは「間違いない」と語った.

2026年にF1はパワーユニットレギュレーションを変更。システムは最大50%の電力と100% 持続可能な燃料を使用するようになり、高価なMGU-Hが取り除かれ、F1はまた新しい時代に突入する。

ホンダがF1から撤退した後、レッドブルはミルトンキーンズ本社に独自のF1パワートレイン部門であるレッドブル・パワートレインズを設立し、2026年から独自のF1パワーユニットを使用する予定となっている。8月4日に最初のV6エンジンのプロトタイプを始動させている。

トト・ヴォルフは、現在もパワーユニットのサービスを継続しているホンダと協力して得た知識が、レッドブルに役立つと信じている。

「彼らは2026年までに良い状態になるでしょう。私はそれについて疑いの余地はあない」とトト・ヴォルグは New York Timesに語った.

「彼らは、ホンダの現在の主要なパワートレインの1つに対して行っているあらゆる活動に対して自分自身をベンチマークできるという点で大きな利点を持っている」

「彼らはマシンにそれを持っており、それがもたらすパフォーマンス、パワーユニットの特性を知っている。それはターゲットがどこにあるのかを学習することがかなり明白になる理由だ」

「それは大きな利点であり、他のキットを購入することができる」

「彼らは優秀な人材を雇っており、その背後には投資があり、多くの野心があり、それはシャシー側に表れているので、彼らは我々が真剣に受け止める必要のある競争相手だ」

メルセデスは昨年、4年間で競争力を維持するためにチームが大量に採用してきたが、レッドブル・パワートレインズに多くの主要な人員を引き抜かれた。

人手不足にもかかわらず、トト・ヴォルフは「旅行者を止めることはできない。放浪者が出ていく必要がある場合は、立ち去らせてあげよう」とコメント。

「人々が去ることに何の問題もない。我々は何人かの優秀な人々と、あまり優秀ではない人々を失った」

「内部から構築し、次のレベルのリーダーを育成することは我々の責任であり、それは問題ない」

レッドブルは、ホンダとのパートナーシップを強化することを発表し、HONDAロゴがレッドブル/アルファタウリのF1マシンに搭載されることが発表された。

F1日本GPが開催される日本で開かれた首脳会議では、2026年以降のパートナーシップについても話し合われたとされ、レッドブル・パワートレインズが内燃エンジン、ホンダが正式にF1に復活してハイブリッド側を担当する形で協業が再開されるとも報じられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1