メルセデスF1代表 「ルイス・ハミルトンとの5年間の契約延長も視野」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンはシートをあと5年間維持できる能力があり、それを望んでいると語る。

7回のF1ワールドチャンピオンである37歳のルイス・ハミルトンは、非常に物議を醸した2021年のタイトルの喪失と、メルセデスF1チームの2022年マシンとの闘いの後、F1引退に向かってレースをしているのではないかと疑問に思っている人もいる。

ルイス・ハミルトンとメルセデスF1チームとの契約は2023年シーズンの終わりとなっているが、トト・ヴォルブは、2024年についての契約交渉がすでに始まっていると語る。

「先週、我々は話し合ったが、彼は『僕にはあと5年ある。どう見ている?』と言っていた。我々はお互いに完全に透明だ」

ルイス・ハミルトンに対するヴォルフの反応は、フェルナンド・アロンソをエミュレートし、40歳の誕生日をはるかに超えてレースをする能力を十分に備えていると考えているというものだった。

「彼は25歳の時と同じフェルナンドか? 私には分からないが、彼はまだ非常に競争力がある」とトト・ヴォルフはChannel 4に語った。

「だから、ルイスは、F1レースに完全に、非常に狭い焦点を当てて、彼の人生を送っているので、彼はそれをかなり遠くまで進めることができると思う」

同時に、トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンが引退する時期は自分で認識できるだろうと考えている。

「ルイスは『もう反応できてない感じているので、これ以上はできない』と言う最初の人になるだろう。あるいは『それをする楽しみを失ってしまった。非常に強い別の世代が成長している』などね」

「したがって、契約延長について合意することに何の疑いもない。それは起こるが、将来がどうなるかについて、非常に率直に話し合うつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン