「メルセデスF1も馬鹿ではない」 ロス・ブラウンが好転に期待
F1のマネージングディレクターであるロス・ブラウンは、メルセデスが新世代F1マシンで耐えてきた苦闘にもかかわらず、その運命を好転させることに期待を寄せている。

2022年F1シーズンの開幕前、現役チャンピオンチームであるメルセデスとその永続的なエンジニアリング能力が、F1の新しいレギュレーションをしっかりと把握し、勝利を収めるマシンを生み出すことができないと信じる理由はほとんどなかった。

そして、メルセデスF1チームがプレシーズンテストでW13の「ゼロ サイドポッド」コンセプトを展開したとき、多くの人は、メルセデスが不当なエアロ アドバンテージを持つ銀の矢を明らかにしたと信じていた。

しかし、W13 のパッケージは最初からセットアップが複雑であることが判明し、ポーパシングは車のパフォーマンスに大きな影響を与えた。

徐々に、メルセデスのエンジニアは問題を軽減し、車の挙動を大幅に改善することができたが、残り6ラウンドで、チームはその名前に1つの勝利もなくキャンペーンを終了する可能性がある。

F1-Insiderとのインタビューで、ロス・ブラウンはメルセデスの問題だけでなく、新しいF1レギュレーションでの最初のシーズンのレビューを行った。

「基本的に、私は非常に満足しています」とロス・ブラウンは語った。

「結果として、マシンはより接近して追いつき、追い越すことができるようになった」

「サイド・バイ・サイドのドライビングも容易になった。以前は、車がそこでパフォーマンスを失うことを知っている人はあまりいなかった。ピレリも改善に貢献した」

「だから、すべてうまくいっていた」

「一部のチームが新しいルールをよりうまく実装でき、他のチームがそれに腹を立てているという事実は、F1の民間伝承であり、事前に計画されていた」

「それは特にメルセデスに打撃を与えた。しかし、彼らは馬鹿ではない。彼らはそれを正しくするだろう」

ロス・ブラウンは、2017年からF1の指揮を執っており、スポーツのレギュレーションオーバーホールの主な建築家だ。

しかし、67歳のロス・ブラウンは、日々の責任を放棄し、F1から一歩後退する時が近づいていると信じている.

「かなり削減したいので、そうすることにしよう」とロス・ブラウンは語った。

「私は自分の専門知識を引き続き利用できるが、毎日特定の領域を担当することはもうないだろう」

「つまり、私は再び子供や孫の世話をし、もっと釣りに行き、庭の世話をするつもりだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス