メルセデスF1 復活宣言 「今後はより多くのパフォーマンスを発揮する」
メルセデスF1チームは、ライバルのレッドブルとフェラーリに近づくことを目指しており、近い将来、より多くのパフォーマンスを発揮できると語る。

メルセデデスF1チームは、新しい技術規則が導入された今年、新世代F1マシンで後手に回り、13戦が終了した2020年のF1世界選手権でまだ勝利を収めることができていない。

だが、ポーパシング/バウンシングを攻略したメルセデスW13は、ゆっくりと改善を果たし、メルセデスF1チームは過去2つのグランプリで連続してダブル表彰台を獲得した。

パフォーマンスの次のステップを果たしたように見えるメルセデスW13は、今後のアップグレードによってより競争力をつけることが予想される。

メルセデスF1チームのトラックサイド エンジニアリング ディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、最新のF1デブリーフビデオで「我々は今後もっとパフォーマンスを発揮する」と語った。

「我々はスパにパフォーマンスをもたらすことを目指しており、それがギャップを埋めてくれることを期待している。もう残りはそれほど多くない。だが、しばらくは車の開発を続えていく」

「我々は非常に興奮している。最後の数レースは、シーズンで最も楽しかった。近い将来、レースに勝ちたいと思っているし、その追加の一歩を踏み出すことができることを望んでいる。それを達成するために懸命に取り組んでいる」

アンドリュー・ショブリンは、F1ハンガリーGPでのメルセデスF1チームのダブル表彰台の結果は、トラック上での信頼性の問題に頼らずに達成されたものであり、特に満足のいくものだったと語った。

「信頼性の問題で誰かが脱落するという不幸に頼ることはなかったので、この最後の結果は特に満足のいくものだった」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「車のペースも非常に良かったし、休暇に入る前に良いレースができるのは常にいいものだ」

「より満足できるのは、予選とレースで車がペースの面でどの位置にいるかを確認できたことだ」

「我々には今年の初めから多くの改善点があった。すべてのレースに何かを持ち込もうと懸命に取り組んできた」

「今、我々は、フェラーリ勢、フロントにいるレッドブル勢とレースをしているのを見ることができて本当に満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス