メルセデスF1、ジェッダでのルイス・ハミルトンの予選失敗を説明
メルセデスF1は、サウジアラビアGPの予選でQ1敗退を喫したルイス・ハミルトンの低調なパフォーマンスの原因を概説した。

ルイス・ハミルトンは、F1サウジアラビアGPで悲惨な予選パフォーマンスに苦しんだ。7回のF1ワールドチャンピオンであるハミルトンにとって、Q1敗退は2017年以来5年ぶりの結果となった。

Q1でノックアウトとなった後、ルイス・ハミルトンはメルセデスF1に無線で謝罪していたが、トラックサイド・エンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、セットアップの境界を押し上げるためのチームによる試みが失敗した不運な結果だったと説明した。

「基本的に昨シーズン末ほどまだ車をよく理解できていない。新車で2レースしかしていない」とアンドリュー・ショブリンはメルセデスF1のサウジアラビアGPを振り返るYoutube動画で語った。

「我々は常にルイスとセットアップを模索し、パフォーマンスを提供する方向性を見つけようとしている。金曜日から土曜日までに良い方向性を見つけ、彼は3回目のプラクティスセッションで試すことができていた」

「予選セッションではそれをかなり進めましたが、最終的には少し極端すぎた。初めから彼はリアグリップを欠いていた」

アンドリュー・ショブリンは、ジェッダのようなグリップが低くミスをする余地がない特性がドライバーにノックオン効果を引き起こしたと語る。

「ジェッダはストリートサーキットだ。多くの自信が必要です。非常に速く、ウォールが非常に近い。リアグリップがないと、ドライバーはその自信を持てない」とアンドリュー・ショブリン付け加えた。

「結局、我々はそれを少し極端にプッシュし過ぎてしまったが、有用な学習演習だった」

メルセデスのW13に深刻な影響を与えているポーパシングは、これまでのところ、車のパフォーマンスを解放することの妨げになっている。

アンドリュー・ショブリンは、問題が解決するまで、現在のパフォーマンスレベルがメルセデスF1チームの標準になる可能性があると警告しています。

「基本的に、今の問題は車が十分に速くないことであり、完璧にならなければ、それらのセッションで危険にさらされるだろう」とアンドリュー・ショブリンは語った。

「我々はできるだけ早くより速い車を作る必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1サウジアラビアGP