メルセデスF1代表、引退が噂されるルイス・ハミルトンと2月に面談
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンの電撃的なF1引退を取り巻くストーリーはしばらく止むことはないと警告する。

トト・ヴォルフは、先週金曜日にFIA会長のモハメド・ビン・スライエムと問題について話し合ったと考えられている。一方、ソーシャルメディアで沈黙を貫いているルイス・ハミルトンは、コロラドでリラックスしながらトレーニングをしていると伝えられている。

トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンには、マックス・フェルスタッペンに2021年にF1ワールドチャンピオンを奪われた方法を消化するために単純に“時間が必要”だと考えているとKronen Zeitungに語った。

「ルイスの行く手にどんな障害があったとしても、彼はコース上で話さなければならないことを人生を通じて知っている」とトト・ヴォルフは語った。

「よく聞いてほいし。彼は正しいことと間違っていることの間の道を見つけるまでそれは彼にとって信じられないほど難しいことだ。彼にはとにかく時間が必要だ」

「遅くとも2月にまた会う予定だ。テキーラを飲むことはない。それはアブダビで十分だった」

「彼はアブダビで行ったことを忘れることはないだろう。ルイスに起こったことは間違いだった。オフィシャルがヒューズを飛ばし、いくつかの侵害を犯すことを決定するまで、彼はその日無敵だった」

「理解するのは難しく、常に我々に付きまとうことだ。マックス(フェルスタッペン)はシーズンを通して相応しいチャンピオンだったが、あの日はルイスの方が優れていていた。そして、彼は勝たなかった」

1996年のF1ワールドチャンピオンであるデイモン・ヒルは、メルセデスとルイス・ハミルトンのファンにチャンピオンシップでの敗北を忘れるよう促した。

「明確にしたいが、結果を変えるものは何もないというのが私の意見だ」

「それはF1とルイスにとって甚大なダメージを与えたが、終わったことだ。時計を戻すことはできない。そして、それは私のせいではなかったよね? だから、その矢を下に置いてほしい」

「そうすれば、F1への信頼を失ったと言っているすべての人々が戻ってくるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン