メルセデスF1、トト・ヴォルフのヘッドセット破壊でBOSEの後援を失う?
メルセデスF1のスポンサーリストからBOSEのロゴが消え、ファンの間で“トト・ヴォルフが原因”だとネタにされている。

音響メーカーのBOSE(ボーズ)は、2015年からメルセデスF1の“Team Partner”としてヘッドセットを含めた製品をチームに提供してきた。しかし、2022年になってメルセデスF1のスポンサーリストからBOSEのロゴが消えた。

2021年のF1サウジアラビアGPで、順位を譲ろうとした減速したマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)にルイス・ハミルトンが追突。メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフがBOSEのヘッドセットを叩きつけるシーンが国際映像に流れ、チームは“Sorry Bose”とコメントしていた。

もともとBOSEは2021年で契約は終了する予定だったようだが、ファンは上記の映像をSNSでシェアして「トト・ヴォルフがヘッドセットを破壊したからだ」と話題にしている。

また、BOSEと同じくESPNも2021年末でスポンサー契約を終了したようだ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1スポンサー