メルセデスF1、秋からジョージ・ラッセルと2022年の作業を開始
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルの今年の優先順位はウィリアムズだが、明らか2022年の加入にむけて「ゆっくりと、しかし、確実」に協力を開始していくと語る。

ジョージ・ラッセルは、今年の冬にウィリアムズからメルセデスに移籍し、バルテリ・ボッタスに代わってルイス・ハミルトンのチームメイトを務める。

いくつかのチームは、退団するドライバーが1月より前に新チームで仕事に取り掛かることを阻止することもあるが、ジョージ・ラッセルは、メルセデスの育成ドライバーであり、ウィリアムズはメルセデスのF1エンジンを搭載していることから障害はなく、今後数週間でメルセデスとの仕事を開始する。

「秋には、現在のチャンピオンシップを危険にさらしたり妨害したりすることない範囲で、ゆっくりと、しかし、確実に、より多くのコラボレーションを行っていく予定だ。だが、まだ始めてはいない」とトト・ヴォルフは語った。

「ジョージはまだウィリアムズのドライバーであり、ウィリアムズがコンストラクターズ選手権でランクを上げるために最大限の努力をする必要がある。彼はこれまでのところ良い仕事をしている」

「そして、我々にはバルテリとルイスがいます。彼らが我々のドライバーだ」

ジョージ・ラッセルは、F1ハンガリーGP後のピレリのタイヤテストで今シーズンすでにメルセデスのF1マシンで時間を過ごしている。

ウィリアムズF1のチーム代表を務めるヨースト・カピトは、ジョージ・ラッセルがすでにメルセデスに注意を払っていることや、それが2022年F1マシンのウィリアムズの秘密を渡すことになるとは心配していない。

「来年の開発にはまだドライバーの関与はあまりない」とヨースト・カピトは Pitpass に語った。

「彼はレースの準備と残りのシーズンの準備をしている」

ジョージ・ラッセルはまだチームのシミュレーターを使用しているかと質問されたヨースト・カピトは「もちろん・・・来年メルセデスにいるという決定の後、何も変わっていません」と答えた。

今シーズン、ジョージ・ラッセルはウィリアムズで16ポイントを獲得している。ウォッシュアウトされたF1ベルギーGPでの2位表彰台も含まれている。

ウィリアムズF1の3年間で何を得られたかと質問されたジョージ・ラッセルは「素晴らしいメンタルの形だ」と  Gazzetta dello Sport に語った。

「勝利を管理して、それを祝うのは簡単なことだ。困難な瞬間や間違いに対処することが本当の挑戦だ。それらは僕を鍛えてくれた。僕は人として、そして、ドライバーとしてより成熟している」

「2019年、チームはずっと最後尾で困難な時期を過ごした。でも、ファクトリーやコース上での努力は報われているし、僕たちはそれを誇りに思っている。満足感は残るだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / ジョージ・ラッセル