メルセデスF1代表 「アルボンのウィリアムズ加入阻止との見方は誤解」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、アレクサンダー・アルボンがウィリアムズに加入することを阻止しようとしたのではないという見方は「誤解」だと語る。

現在のレッドブルF1のリザーブドライバーを務めるアレクサンダー・アルボン、バルテリ・ボッタスの代わってメルセデスに移籍するジョージ・ラッセルの後任として、2022年にウィリアムズでF1復帰を果たす。

移籍が発表される前、トト・ヴォルフは、アレクサンダー・アルボンがメルセデスのF1エンジンを搭載するウィリアムズに乗りたいならば、レッドブルから正式にリリースされなければならないと述べ、代わりにメルセデスのリザーブドライバーであり、フォーミュラEドライバーのニック・デ・フリーズを推した。

しかし、トト・ヴォルフは、アレクサンダー・アルボンがチームに加わることを阻止しようとしたとの見方を否定し、メルセデスF1はいずれにしろ何の発言権も持っていなかったと主張した。

「誤解があるようだ」とトト・ヴォルフは Channel 4 に語った。

「アレックスは完全にF1に参加するに値すると思う。彼は素晴らしいパーソナリティだ。我々には何の発言権もなく、干渉することさ望まなかった。私がウィリアムズにいた時代から、すべてのチームは適切なドライバーを決定する権限を持っているべきだと思っている」

「私にとっては、知的財産権と機密性を保護するために何をする必要があるかを理解することだけだった」

トト・ヴォルフは最近、ルーキーがスポーツに参加する機会を増やすために、チームが将来3台目のマシンを追加できるようにし、3台目は若者がドライブする必要があると提案している。

だが、トト・ヴォルフの提案はあまり賛同を得ていない。クリスチャン・ホーナーとヨースト・カピトの両方が、そのような変更の経済的実現可能性について疑問を投げかけた。

しかし、トト・ヴォルフは、それがより多くの若いドライバーに機会を与えるだけでなく、興味深いストーリーを生み出すと信じており、そのアイデアに対する彼の支持を倍増させた。

トト・ヴォルフは、F1チームが3台目のマシンを追加する経済的に実行可能にする方法をスポーツが見つけることができれば、それを実現することを望んでおり、そうでない場合は、ジュニアだけが競争できる週末のレースを見たいと考えている。

「すべてのチームに必須の若いドライバーのためのマシンがあれば、あるいは少なくとも若いドライバーに必須のレースウィークエンドがあれば素晴らしいと思う」とトト・ヴォルフは付け加えた。

「それは多くの物語を生み出すだろう。サプライズをもたらすかもしれないし、大物たちに挑戦することもあるかもしれない」

「予算とコスト上限の状況を見つけることができれば、私は絶対にそれを受け入れるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ウィリアムズ / レッドブル / アレクサンダー・アルボン