メルセデスF1、ラッセル加入で“ハミルトン/ロスベルグ状態”回避計画
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンのチームメイトとして加入する追加のプレッシャーにジョージ・ラッセルが対処できるように、2022年シーズンの初めからラッセルを“コンディショニングして調整する”ことが重要だと語る。

メルセデスF1は、ルイス・ハミルトンとチームメイトのバルテリ・ボッタスとの関係による良い雰囲気のおかげで、5年間の調和を享受してきた。

当初から、2人のドライバー間のバランスの取れた平和な関係は、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグが耐えた激しい論争の的となった関係とはまったく対照的であり、ラインナップを変更する際にトト・ヴォルフにいくつかの大きな頭痛の種をもたらした。

ジョージ・ラッセルが、メルセデス加入後にルイス・ハミルトンに挑戦しようとすることは間違いない。そして、多くの人は、すでにデュオの間の激しい綱引きを予測している。

しかし、トト・ヴォルフは、チーム内のライバル関係に対処したチームの以前の経験が、デュオの関係が苦境に陥るのを防ぐのに役立つと信じている。

「彼(ラッセル)は、トップカーに座るに値することを証明した。そして、今、我々は彼をメルセデスの状況に適切に適応させる必要がある」とトト・ヴォルフは語った。

「より多くのプレッシャーがある。彼には最大の記録を持つ信じられないほどのチームメイトがいる。そこでは、彼をコンディショニングし、正しい方法で調整することが重要となってくる」

「我々は過去にそれらが失敗した状況を見てきた」

「私が思うに、ルイスがチームがそれがどのように進む可能性があるかを完全には理解していなかったことも一因だった。そして、我々はその状況に少しだが準備ができていると思う。それでも、彼は将来ワールドチャンピオンになるという野心を持っている。そして、ルイスもおり、そこにもう1人が追加されるので、較正が重要になってくる」

ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルの関係を管理し、後者の野心に自由な統治を与えることは、危険で微妙なバランスを取る行為となるだろう。

しかし、トト・ヴォルフは、ジョージ・ラッセルと協力して、チームとドライバーが均衡を保つのを助けることを決意している。

「他の人の視点と野心も尊重しなければならないと思う」とトト・ヴォルフは語った。

「チームメイトをできるだけ激しく蹴散らし、レースやチャンピオンシップに早くに勝つという野心を持っていないドライバーをマシンに乗せるつもりはない。それは明らかだ」

「だから、私は彼の視点に立つことができるし、それがチームのダイナミックにとって何を意味するのか、どういう意味を持つのか、チームの勢いを維持するためにどのようなことが必要なのかについて彼と話し合おうと思っている。それに彼はインテリジェンスで、それを理解できる男だ」

2022年と新しいF1レギュレーション下でのF1の変革的な最初のシーズンに目を向けると、トト・ヴォルフは何よりもまず、新しいマシンでの仕事を正しく行い、F1のフロントランナーの間でそのポジションを維持することを望んでいる。その場合、ジョージ・ラッセルのパフォーマンスがついてくる。

「勝利を争うマシンパッケージでという点で、トップ3に入ることができれば、我々は満足すると思う」とトト・ヴォルフは語った。

「我々は長期的にそこにいるということが常に我々の野心だ。これが勝利のレシピだ」

「そして、我々が開発できるマシンがあり、チャンピオンシップに目指すことができれば、彼には絶対にルイスと同じマシンが与えられるし、彼にはペースがあり、予選で非常に速いので、きっと問題はないと思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / ジョージ・ラッセル