メルセデスF1 「レッドブルのハミルトンへの発言は一線を越えていた」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1イギリスGPにおけるルイス・ハミルトンのペナルティに対するレッドブルの異議申し立てが棄却された後に強い言葉を使った声明を発表した理由を説明。ハミルトンへの発言は“一線を越えていた”と語った。

F1イギリスGPの1周目にルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンは接触。フェルスタッペンはウォールに51Gの衝撃でクラッシュして病院に搬送され、10秒ペナルティを科されたハミルトンは優勝するという対照的な結末となった。

マックス・フェルスタッペンは、病院のテレビで目にしたでルイス・ハミルトンが勝利のお祝いを“無礼”と呼び、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはハミルトンを“ダーティドライビング”だと非難した。

レッドブルF1は、スチュワードに10秒のペナルティの見直しを依頼したが、木曜日の公聴会の後、リクエストは拒否された。

決定後、スチュワードは、内容は非公開としたものの、レッドブルF1からの請願に“いくつかの懸念”が主張されていたと述べていた。

レッドブルからの“特定の主張”はどのようなものだったのかと質問されたトト・ヴォルフは「これ以上火と論争に火をつけたくないので、答えられない」とコメント。

「スポーツチームとして私たちがしなければならないことは、エスカレーションを減らし、ソーシャルメディアに二極化を引き起こさないことだと思う」

しかし、メルセデスは、木曜日の夜に発表した声明でレッドブルが「ルイス・ハミルトンの名声とスポーツの誠実さを傷つけようとした」と強い言葉を使って非難した。

この声明を発表した理由を尋ねられたトト・ヴォルフは「我々は議論に少し敬意を払いたいと思っていた。感情が高揚する可能性があることは理解していまる。それは常に視点と認識の問題だ。だが、一線を越えていたと感じ」と答えた。

「シルバーストングランプリの最中とその後に行われた発言は、ドキュメントでさらに詳しく説明されており、必ずしも事件だけを見ているわけではなく、より広いテイストを与えていると思う。それは、他のことを超えて、あまりに踏み出していた」

「アマチュアのような言葉を使うべきではない。それが引き起こしたのは、ソーシャルメディアでのコメントの雪崩、多くの論争、そして、さらなる二極化だった。我々はスポーツとしてやるべきことは反対のことだと思います。 エスカレーションを解除する必要がある・・・」

レッドブルに謝罪を求めるかと質問されたトト・ヴォルフは「誰もが謝罪したいかどうかを決める必要があると思う」と答えた。

「レース中、レース後、書面による声明、そして会議自体でなされたコメントは、一線を越えていたと感じた。だが、それは私次第ではなく、ルイスも謝罪を要求したくはないだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル