メルセデスF1首脳 「ハミルトンの追い抜きはFIAのガイダンスに準拠」
メルセデスF1の最高技術責任者を務めるジェイムズ・アリソンは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンとのインシデントについてスチュワードに概説。ガイダンスに準拠しているため無実であると考えている。

スチュワードは、F1イギリスGPのオープニングラップでのマックス・フェルスタッペンとの接触について、ルイス・ハミルトンに10秒のタイムペナルティを科した。

しかし、ジェイムズ・アリソンは、スチュワードが裁定の要因として協調したエイペックスの到達に義務はないとしてペナルティに同意していない。

「コプスが速いコーナーであろうと遅いコーナーであろうと、違いがないのは確かだと思う」とジェイムズ・アリソンはメルセデスF1のビデオで説明した。

「それはオーバーテイクに関係するルールについてであり、ルイスがそれらのルールに関して何か悪いことをしたとは思わなかった」

「レースの後半、ルイスはまったく同じガイダンスを使用して、コプスでさらに2回のオーバーテイクを行ったが、どちらの場合もコンタクトはなかった。個人的には厳しい決断だったと感じている」

「結局、我々の結果には何の違いもなかったが、コーナーのエイペックスに到達する義務がないこと、車全体をが他のマシンの前にでている必要がないことを理解していない人もいると思う」

「その観点から見れば、後ろから来る車に衝突が起こらないようにする義務があると思うかもしれないが、スチュワード文書を見るとルイスは何も間違っったことはしていないと思う」

ルイス・ハミルトンは、5月のF1スペインGP以来からのメルセデスの未勝利に終止符を打った。ドライバーズランキングでマックス・フェルスタッペンとの差をわずか8ポイントまで縮め、コンストラクターズチャンピオンシップではメルセデスはレッドブルと4ポイント差まで縮めた。

ジェイムズ・アリソンは、メルセデスは、オーバーテイクの善悪について、スチュワードがFIAの内部ガイダンスに従っているかどうかについて懸念していると語る。

「我々ちに関する限り、ルイスが行った操作は、FIAのオーバーテイクガイドに完全に準拠していた」とジェイムズ・アリソンは語る。

「コーナーの内側でオーバーテイクをしている場合、ガイダンスでは、実質的に並んでいる必要がある。前にいる必要はない。コーナーに到着するときに実質的に並んでいることを必要としている」

「ルイスは間違いなくほぼ並んでいた。彼のフロントアスクルは、フェルスタッペンの車の中点をはるかに超えていた。実質的に並んでいる必要があり、コーナーを作ることができるというガイダンスを満たしている」

「コーナーを作るとは、コーナーを通過し、トラックを離れたり、車のコントロールを失ったりしないことを意味する。それらを満たす必要がある」

「コーナーを曲がることができ、他の車と実質的に並んでいるなら、コーナーはあなたのものだ。つまり、先頭に立つ必要があるということではなく、自分の位置を譲る必要がないということだ。後退する必要はなく、他の車にはぶつからないようにする義務がある」

「したがって、FIAスチュワードに提供されたメモに従い、ルイスに何が起こったのかをフレームごとに見ると、彼は実質的にそれに加えて、彼は絶対にコーナーを作ったはずであり、実際にコーナーを作っていたので、ポジションを譲る必要はなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルイス・ハミルトン / F1イギリスGP / マックス・フェルスタッペン