メルセデスF1代表 「ボッタスが離れる場合はシート獲得の手助けをする」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスがチームを去ることになった場合には“ソフトランディング”できるように他のシートを見つけるための手助けをすると語る。

バルテリ・ボッタスが、いつかメルセデスF1を去るのは明らかであり、報道によると、ジョージ・ラッセルが加入することでそれは2022年にも起こる可能性がある。

すでにメルセデスF1はルイス・ハミルトンとの2年間の契約延長を発表しているが、ジョージ・ラッセルが加入した“オール・ブリティシュ”のラインアップの形成は今後数週間で発表されると考えられている。

その場合、バルテリ・ボッタスのキャリアはどうなるのだろう? 2019年8月、トト・ヴォルフは、バルテリ・ボッタスのサービスが不要になったときに、別の競争力のあるF1チームで“ソフトランディング”できるよう手助けすると話していた。そして今、その潜在的な見通しが再び現れた。

「他の誰かにチャンスを与えたいという状況がある場合、それは彼(ボッタス)と私の関係だけの問題ではない。私の役目は彼に素晴らしい将来を用意することだ。彼はそれにふさわしい」とトト・ヴォルフはフィンランドの Ilta Sanomat に語った。

「彼は史上最高のF1ドライバーのチームメイトであり、その環境で輝くのは必ずしも簡単なことではない。だが、彼は素晴らしかった」

バルテリ・ボッタスは、F1イギリスGPでクリーンな週末を過ごし、チャンスを逃さず、ルイス・ハミルトンの勝利のためにチームプレイに徹し、再び3位表彰台を獲得した。

トト・ヴォルフはバルテリ・ボッタスの「素晴らしい週末」だったと表現し、次のように付け加えた。

「彼はレースで非常に速かった。彼は本当に堅実なレースをドライブし、コース上の他のすべての人にとって別の次元にあったのはハードタイヤで後ろからやってきたルイスだけだった」

「だが、バルテリはそこにいた2番目に速いマシンであり、ルイスが勝利を確実にするのを助けた。バルテリは素晴らしいチームメンバーであり、適切な性格と個性を備えた素晴らしいドライバーだ」

ルイス・ハミルトンも、バルテリ・ボッタスを称賛し、次のように述べている。

「彼は本当に素晴らしいチームメイトであり、彼の参加がなければ、僕たちはレースに勝つことはできなかっただろう」

「僕はバルテリを追いかけていた。彼はチームメイトとしてうまく働いて、僕をパスさせてくれた。それによってチームの勝利を追いかけることができた」

「それは素晴らしいスポーツマンシップだ。本当に感謝している」

もちろん、バルテリ・ボッタスにとっての問題は、彼がチーム内で彼の役割をどれほどうまく果たしていても、メルセデスはジョージ・ラッセルのウィリアムズでの継続的に印象的な予選パフォーマンスを見逃すのが難しいかもしれないことだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / バルテリ・ボッタス