メルセデスF1 「レッドブル RB16Bの弱点はリアタイヤのデグラデーション」
メルセデスF1は、レッドブル・ホンダのF1マシン『RB16B』の主な弱点は、決勝当日の“ニュートラル”なメルセデス W11と比較したリアタイヤのデグラデーションだと考えている。

マックス・フェルスタッペンは、2021年F1マシンであるレッドブル・ホンダ RB16Bで予選で優れたシングルラップのペースを披露しており、決勝でも最も多くのラップをリードしているが、ここまで開催された4レースのうち、3レースでメルセデスF1とルイス・ハミルトンが勝利を収めている。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、先週末のF1スペインGPがメルセデスにとってどのように展開したかを検証し、レッドブル・ホンダ RB16Bのレーストリムにおける相対的な弱点はリアタイヤのデグラデーションに起因すると考察した。
だが、アンドリュー・ショブリンは、タイヤ部門でレッドブル・ホンダよりも優位に立ってはいるものの、それはわずかな利点であり、すべてn会場でそれを享受できるとは限らないと主張する。

「まだ我々の方がより良いレースカーを持っているとか、タイヤを労わるのが優れていると考えるような段階ではない」とアンドリュー・ショブリンはは説明した。

「実際、スペインGPがその通りだったというのはかなり難しい。我々は彼らの後ろを走ることができた。自分がリードカーであり、誰かがスティント全体でギアボックスにしがみつくことができているのは、通常、良いニュースではない」

「しかし、我々はまだ様々なトラックでデータを収集している段階にある。しかし、我々の方がわずかにニュートラルなマシンを手に入れているのではないかという傾向が少し見られている」

「我々が両方のアクスルをうまく使用しているのに対し、彼らのマシンはスティントにわたってリアタイヤに少し厳しいようだ。だが、それが実際にマシンの特徴なのか、それとも我々のセットアップ方法によるものなのかどうかは、もう少しデータを見てみることになるだろう」

レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、アンドリュー・ショブリンの見解に同意するが、2つのライバルの間の差は依然として非常にタイトだと主張する。

「バーレーン以降、我々が目にしてきたメルセデスのレースペースは、これまでに見た各グランプリでの我々よりも良かったと思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「彼らのデグラデーションは我々よりも優れていたと思う。我々はこれらの最後の2つのサーキットが彼らの強みを生かすことは分かっていた。彼らはそれを達成していた」

「しかし、我々はこれまでよりもはるかに接近しており、さらにレースペースを見つけることができれば、2台のマシンの間はまだ非常にタイトだと思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1