メルセデスF1 「予選モード禁止でレッドブル・ホンダはギャップを縮めた」
メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、予選モードの禁止によってレッドブル・ホンダが“一歩近づいた”と語る。

2020年のF1世界選手権でメルセデスは再びF1最速のマシンを生み出し、ここまで2戦を除くすべてのレースで優勝。ドライバーズ選手権とコンストラクターズ選手権の7連覇という記録を達成しようとしている。

だが、シーズンが進むにつれてレッドブル・ホンダはそのギャップを縮めている。前戦F1アイフェルGPでは、マックス・フェルスタッペンがポールシッターのバルテリ・ボッタスに0.293秒差、2番手のルイス・ハミルトンとは0.037秒差まで詰め寄った。

アンドリュー・ショブリンは、今年の残りのレースでレッドブル・ホンダは間違いなくギャップを縮めてくると語る。

「レッドブルは我々に近づいている」とアンドリュー・ショブリンは F1 Nation に語った。

「予選では、ルイスとマックスの二人ともQ2にベストタイムを記録した。それぞれのベストタイムを見れば、上位勢は非常に拮抗している。実際、バルテリは重要なときに素晴らしいラップをまとめたにすぎないと思う。彼らはシーズン通して我々を縮めている」

今年のF1イタリアGPから予選で特別なエンジンモードを使用することが禁止された。予選とレースでは同一のICEモードを使用しなければならない。この禁止はメルセデスが最も影響を受けると考えられていた、当初、それほどの違いは見られなかった。

しかし、アンドリュー・ショブリンは、この変更により、レッドブルが予選でのメルセデスとのギャップを埋めることができたと語り、その傾向が年末まで続くと予想する。

「予選モードを停止するためのエンジンモードの変更は、間違いなく彼らを一歩近づけた」とアンドリュー・ショブリンは語る。

「彼らは現在我々よりも早く開発していると思う。我々はそれを徐々に目にしている」

「だが、正直なところ、我々はここ数年のほとんどでそれを見てきた。彼らは我々ほど強くスタートしない傾向があるが、最近、彼らが最後まで私たちと一緒にいなかったシーズンを考えることができない」

「その傾向が続くとすれば、残りのレースはより厳しくなり、土曜日にポールを獲得し、日曜日に勝ち続けることは難しくなるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / レッドブル / ホンダF1