メルセデスF1 「エンジンから白煙が出る理由はわかっていない」
メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レース中に2020年F1マシン『W11』のエンジンから白煙があがる理由を解明しようとしているところだと述べた。

フェラーリが、2019年型F1エンジンの合法性論争についてパフォーマンスを大きく後退させるなか、メルセデスはフェラーリに追いつくために冬の間に行った作業が成果を挙げ、再び最強エンジンの称号を手にしている。

「昨年、エンジン側でフェラーリからかなりの挑戦を受けたため、我々はパフォーマンスを見つけるために新しい方向に進んだ」とトト・ウォルフは Auto Motor und Sport に語った。

フェラーリとFIAの“秘密の合意”が明らかになった際には真っ先に声を上げたメルセデスだが、もはやそれは過去のことだと語る。

「我々はもはやこれを追求してはいない。この問題は過去のものだ」

「FIAはもはや抜け穴のない堅固なレギュレーションを定めており、良い仕事をしたと思う」

しかし、メルセデスF1のパワフルで改良された2020年型エンジンには癖がある。レース中に目に見える白煙があがるときがある。

「オイルを燃えているとしか考えられない」と元F1ドライバーのヤン・ラマーズは疑惑の目を向ける。

白煙についてトト・ヴォルフは「それがどこから来ているのかはわからないが、信頼性の問題ではない」と Ilta Sanomat にコメント。

「それについてシルバーストンで話せることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス