メルセデスF1、オーストリアGPでのギアボックス問題は“電気ノイズ”が原因
メルセデスF1は、オーストリアGPでバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンのレースを脅かしたギアボックスの問題は、チームによく知られている“電気ノイズ”が原因だったと語る。

メルセデスF1の“ブラックアロー”の2台はレース序盤は快適に後続を引き離していたが、バルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンが1-2体制でリードを広げた際、チームはギアボックス問題のため縁石を避けるよう両ドライバーに伝えた。

だが、最終的にバルテリ・ボッタスはレースに優勝。ルイス・ハミルトンはアレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)との接触によって5秒ペナルティを科せられ、2位でチェッカーを受けたものの、4位に降格している。

メルセデスF1のトラックサイドエンジニアリングディレクターを務めるアンドリュー・ショブリンは、最新のF1 Nationポッドキャストで問題について詳しく変わった。

「金曜日に、1つのセッションの終わりにバルテリに問題が発生していたことがわかった。それが我々が問題を抱えているという最初の兆候だった」とアンドリュー・ショブリンは振り返る。

「土曜日に問題は再発し、レースでも発生することになると予想していた。それはこのマシンの特徴のようなものだった」

「つまり、現時点で車マシンを組み立てて走らせた場合、この問題はいつか現れることになる。どれだけ早く発生するかの問題だ」

「それは一つのこととして現れるものではない。基本的には、様々なシステムによって干渉してくる電気ノイズの蓄積だ。そのため、バルテリでは、レースの途中で徐々に悪化し、その後、ルイスに現れた」

「しかし、それは多くの異なることが影響する電気ノイズだ」

アンドリュー・ショブリンは、レッドブル・リンクのレイアウトの地形と特徴が問題をさらに悪化させたと語った。

「オーストリアはマシンにとって本当に恐ろしいサーキットだ」とアンドリュー・ショブリンは語る。

「通常はメルボルンのような場所でシーズンをスタートする。メルボルンはオーバーテイクが非常に困難なトラックである。オーバーテイクが困難な場合、マシンを労わる余裕があり、人々は抜くことができない」

「レッドブル・リンクは、オーバーテイクが非常に簡単なサーキットであり、その結果、縁石を使用しなかたり、ハードにプッシュしない場合は、危険に晒される」

「それが要因の1つではあるが、縁石自体が非常に暴力的であり、それらの上で多くのラップを走らなければならない」

「我々にとって、それはその問題であり、ここは30度近くであることも助けにはならない。空気は少し薄いので暑く、通常よりも冷却が不十分となり、車内のあらゆる温度が高くなる」

メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、今週のF1シュタイアーマルクGPで問題を最小限に抑えるためにチームは懸命に取り組んでいると語った。

「少なくとも状況を改善できる解決策があると私は理解している」とトト・ヴォルフは語った。

「オーストリアが、シーズンのなかでもマシンのそれらの部品に最もストレスをかけることは確かだ。だから、来週末にマシンを保護する方法を見つけられば、もう問題はないだろう。アイデアはあると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス