「メルセデスがトロロッソを抜けなかったのは驚き」と元F1ドライバー
元F1ドライバーのJ.J.レートは、F1ブラジルGPの決勝レースでメルセデスのルイス・ハミルトンがトロロッソ・ホンダのポーエル・ガスリーを抜けなかったことは驚きであり、陰謀説が出てきてもおかしくないくらいだと語る。

レース後半のフェラーリ勢の同士討ち、ルイス・ハミルトンとアレクサンダー・アルボンの接触がレースを決めたことは間違いないが、J.J.レートは、歴史的ともいえるホンダのF1エンジンによる1-2フィニッシュの背景にはもっと多くの要因があると考えている。

「メルセデスはすでに両方のチャンピオンを獲得しているので、彼らが勝つ必要はないことを忘れてはならない」とJ.J.レートは Iltalehti に語った。

「彼らがパワーを減らしたことで、他の人の見栄えを良くなったのかもしれない」

「よりフレッシュなタイヤを履いたハミルトンが、最後コーナーをよりうまく立ち上がり、スリップストリームを使ってガスリーを簡単に追い抜くことを期待していたのは確かだ」

トロロッソのピエール・ガスリーが搭載するホンダのF1エンジンは、タイトルを獲得したルイス・ハミルトンのマシンを何とか抑え、0.062秒差で先にチェッカーを受けた。

「ハミルトンの最後のペースは本当に遅かった。トロロッソの方が速かったという事実は本当に驚きだよ。何かの陰謀説が出てきてもおかしくないんのではないか?」

いずれにしろ、J.J.レートは、フェラーリ、メルセデス、ホンダ、ルノーのF1エンジンにもはや大きなパフォーマンス差がなくなっているのは明らかだと語る。

「彼らがすべて大幅に改善したのは素晴らしいことだ。特にホンダは大きな飛躍を遂げた。状況は平静化した」とJ.J.レートはコメント。

「すべてのメーカーがより多くのパワー、ドライバビリティ、信頼性を見出している。それは来シーズンにむけて良い兆候だ」

関連:【動画】 2019年 F1ブラジルGP 決勝 ハイライト / ホンダF1が1-2!

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / トロロッソ / ホンダF1