メルセデス、エステバン・オコンのルノーF1で早期の仕事開始を許可せず
エステバン・オコンは、2020年に移籍するルノーF1で早期に仕事を開始する可能性はg低いようだ。

エステバン・オコンは、1年ぶりにF1グリッドに戻ることに満足しているが、メルセデスのシートを逃したことについて少し後悔していたとしても許されるかもしれない。

だが、エステバン・オコンは「まったくそんなことはない」と Auto Motor und Sport は語る。

「言ったようにルノーのプロジェクトは魅力的だ。僕にとって悪い変化だとは全く思わない」

しかし、エステバン・オコンは、メルセデスのリザーブドライバーを務めていたことがルノーF1との契約の助けになったと認める。

「彼らはフレッシュな空気、アドバイス、異なる考え方を求めている」

ルノーは、エステバン・オコンのマネージャーであるメルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフと交渉を行い、2年契約を条件とした。1年契約であれば、エステバン・オコンは2021年にメルセデスに復帰できる可能性があった。

「皆さんはそれを考えるかもしれないけど、僕は違った見方をしている」とエステバン・オコンはコメント。

「現実の世界では、堅実な契約を持ち、マミュファクチャラーのために運転することは、F1に参加する絶好の機会だ」

だが、エステバン・オコンはまたルノーがすぐにワールドチャンピオンを獲得することはありそうにないと認める。

「わかりません。僕たちは現実的でなければならない。現況では、その夢は遠いし、不可能だ」

「でも、F1では、多くのことが素早く変わる可能性がある。2021年のレギュレーションはすべてを混乱させる可能性がある。誰がベストなマシンを製造するかはわからない」

直近の将来に関して、トト・ヴォルフはエステバン・オコンのメルセデスでの役割は着実に減少するとし、ルノーでの彼の新しい仕事は1月になったからでなければスタートすることはないと語っている。

「まだ決まっていないが、彼にはまだメルセデスのための仕事がある」とトト・ヴォルフは語っている。

エステバン・オコンも「おそらくアブダビでルノーのテストは行わないだろう」と明かす。「でも、もちろん、できるだけ早くスタートしたい。それは契約とボスに依存している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / エステバン・オコン