F1 メルセデス フェルナンド・アロンソ マックス・フェルスタッペン
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェルナンド・アロンソをベストドライバーのひとりとして評価しているが、メルセデスに乗せることは考えていないと断言。だが、マックス・フェルスタッペン獲得の可能性はオープンだと語る。

現在、メルセデスは2020年のルイス・ハミルトンのチームメイトとしてバルテリ・ボッタスとエステバン・オコンの2択に絞ってどちらを起用するかを検討している。

だが、メルセデスのドライバー候補としてフェルナンド・アロンソの名前をたびたび挙げられている。昨年F1を離れたアロンソは、まだ2020年の計画していないが、根強いファンはアロンソのF1復帰を望んでいる。

しかし、フェルナンド・アロンソがルイス・ハミルトンのチームメイトとしてメルセデスに加入する可能性アhないようだ。

トト・ヴォルフは「フェルナンドは間違いなく最強のドライバーの一人だ。フェラーリでの冒険の後、彼はもう競争力のあるクルマを運転する機会はなかった」と La Gazzetta dello Sport にコメント。

「一連の状況によって、トップチームにはすでに“α”ドライバーがいる。ドライビングには十分に良いクルマではない場合があるし、適切な環境も必要だ」

ルイス・ハミルトンとフェルナンド・アロンソがメルセデスでドリームチームを結成する可能性は“考えられない”かと質問されたトト・ヴォルフは、そのような選択肢はないと断言した。

「そうだね。2人がマクラーレンで一緒だった時代のストーリーを繰り返したくはないからだ」とトト・ヴォルフはコメント。

1つのチームに2人のαドライバーを起用することは、2007年のマクラーレンの場合のようにほとんどが問題の山をもたらすと考えられている。

だが、トト・ヴォルフは、2021年にマックス・フェルスタッペンがレッドブルとの契約が期限をフリーになった場合、ルイス・ハミルトンのチームメイトになる可能性については除外していない。

「それは遠すぎる話だ。我々は2019年のタイトルのために戦っており、2020年の計画を立てている」とトト・ヴォルフはコメント。

マックス・フェルスタッペンが“架空のメルセデスリスト”に載る可能性について質問されたトト・ヴォルフは、「2020年以降はすべてオープンしている」と語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス