F1 エステバン・オコン
メルセデスのF1チーム代表トト・ヴォルフは、エステバン・オコンがルノーにローン移籍する可能性を否定していない。

昨年、エステバン・オコンはフォース・インディアでF1を戦っていたが、ローレンス・ストロールがチームを買収し、息子のランス・ストロールと契約したことでF1レースシートを失った。

現在、エステバン・オコンはメルセデスのリザーブドライバーを務めており、オコンのキャリアをマネジメントするトト・ヴォルフは、2020年のシートを見つけるために懸命に取り組んでいる。

トト・ヴォルフは、2020年にエステバン・オコンがシートを獲得すると“楽観的”に考えていると語る。

「来年、彼をF1で見ることができると非常に楽観的だ」とトト・ヴォルフは L’Equipe に語る。

だが、メルセデスのワークスチームにはルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスという結果を残しているため空席はできないかもしれない。また、カスタマーのレーシングポイントとウィリアムズのシートを獲得できる見込みも低い。

そんな中で囁かれている噂がルノーへのローン移籍だ。実際、昨年、土壇場でダニエル・リカルドがルノーと契約するまで、エステバン・オコンは事前契約を結んでいたとされている。

「私はシリルのことがすきだ」とトト・ヴォルフはコメント。「だが、紳士になるてには彼は紳士的な言葉を使わなければならない」

ルノーは、ニコ・ヒュルケンベルグの投票が今シーズン末までとなっており、シリル・アビテブールは、2020年にヒュルケンベルグと契約を更新する可能性があるとしつつも、エステバン・オコン加入の噂も否定はしていない。

シリル・アビテブールは、ルノーには2020年もニコ・ヒュルケンベルグを起用できる選択肢があるとし、これまでのヒュルケンベルグの貢献を評価していると語る。

「我々はダニエルと2年間の契約を結んでいる」とシリル・アビテブールはコメント。

「ニコの契約の当初の期間は今年末に近づいているが、報じられているようにオプションのメカニズムがある。それは行使でき入る詳細について説明するつもりはないね。我々はニコとの旅を続けるかもしれない」

「率直に言って、ニコがチームのために結果を出してくれているのは明らかだ。実際にフレッド(ヴァスール)が率いていたときの我々のプロセスを見ればね・・・」

「ニコが加入したときと今日の我々のポジションを見れば、クレイジーな差がある。チームと熱気の変化、エンジニアだけなく、もちろんドライバーもそれに貢献しているのは明らかだ」

「我々はそれに答える必要がある。だが、我々はオプションも検討する必要がある。ニコもそうだと思うがね」

シリル・アビテブールは、そのオプションがエステバン・オコンであるかは明言しなかったが、来季のドライバーラインナップは夏の後半に検討することになるだろうと述べた。

「彼(ヒュルケンベルグ)にとって状況がオープンであると伝えるには長い回答となる。だが、一緒に旅を続けていく可能性のあるオプションはある」

「どうなるか見てみるつもりだ。おそらく夏休みが検討するのにふさわしい時期になるだろう。事実と願望に基づいてそれについて議論することになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / ルノー / エステバン・オコン