F1 メルセデス
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、F1カナダGPで物議を醸したセバスチャンベッテルへの5秒加算ペナルティについてF1スチュワードに圧力をかけるのは間違った行為だと考えている。

ポールポジションからトップでチェッカーを受けたセバスチャン・ベッテルだが、5秒加算ペナルティによって2位に降格。ルイス・ハミルトンとメルセデスに勝利をもたらしたこのペナルティは波紋を呼んだ。

インシデントとペナルティについてどのように考えているかと質問されたトト・ヴォルフは「このようなインシデントは常に多くの論争を巻き起こすものなので、クリーンな方法でコース上で勝つことを望んでいるのは明らかだ」と Autosport にコメント。

「このインシデントについての私の見解では、誰もが満足するようにスチュワードがレギュレーションを解釈するのは非常に難しいということだ」

「我々がやってはいけないのは、彼らが今後さらに決断を下すことを苦しめるようなやり方でスチュワードに圧力をかけることだ」

「我々にはスチュワードからの一貫した意思決定が必要であり、それを達成するためにはスチュワードの視点を支援することが必要だ」

F1カナダGPの4人のスチュワードパネルには、5回のル・マン24時間レースのウィナーで元F1ドライバーのエマニュエル・ピロが含まれていた。

レース中のこのようなペナルティは適切だと感じているかと質問されたトト・ヴォルフは、スチュワードはただレギュレーションに従っただけだと繰り返した。

「必ずしもそれほど人気があるわけではない。だが、誰かがその仕事をする必要がある」とトト・ヴォルフはコメント。

「決定が意に反するか、それと有利になるのかに関わらず、支持的である必要がある。我々は最高の人々を望んでいる。今日のように彼らを批判すれば、誰もその仕事をしなくなるだろう」

「我々たちには有能な人材が必要だ。今日、スチュワードパネルにいた人たちは、地球上で最も経験豊富なレーシングドライバーたちだ。したがって、彼らの決断を尊重する必要がある」

ペナルティが発表された後、元F1ドライバーを含めた多くのモータースポーツ関係者がその裁定を批判した。

しかし、トト・ヴォルフは、セバスチャン・ベッテルに対して申し訳なく思ってはいないと述べた。

トト・ヴォルフは「結果または評決が彼に反するときのレーサーの欲求不満を理解することができる」とコメント。

「ルールを作るのははとても難しいことだ。裁定が常に全員を喜ばせるわけではないだろう。言ったように、日曜日の状況では解釈はレギュレーションに従っていた」

「メルセデスに偏っているときは、おそらくそれが正しい決断だったと言うだろうし、フェラーリに偏っているときは、逆に解釈された可能性があると言うだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス