F1 シャルル・ルクレール フェラーリ
メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、フェラーリのシャルル・ルクレールがF1バーレーンGPで将来のF1ワールドチャンピオンになる資質があることを示したと語る。

シャルル・ルクレールは、F1バーレーンGPでポールポジションを獲得。スタートでは3番手に順位を落としたが、そのからトップを奪い返してレースを支配。しかし、残り10周にエンジントラブルに見舞われて優勝を逃した。

ルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスは、シャルル・ルクレールの不運から恩恵を受け、メルセデスは2戦連続で1-2フィニッシュを達成している。

しかし、トト・ヴォルフは、フェラーリでのわずか2戦目にシャルル・ルクレールが示した圧倒的なペースは、今後、メルセデスにとって脅威になっていくと考えている。

「感情的なウィナーであるルクレールに我々は若いチャンピオンを見ていると思う」とトト・ヴォルフはコメント。

「彼は最速のマシンに乗った最速の男だった。彼はモーターレースの残酷な側面に見舞われ、それは我々にとって幸運となった」

「彼は常に脅威となるだろう。彼は素晴らしいクルマに乗っており、大きな成功を収めるためのスキルとキャラクターを持っている」

「我々はそのチャレンジを本当に楽しみにしているし、バルテリとルイスも楽しむだろうと確信している。我々は最高のマシンに乗った最高のドライバーと戦いたいと思っている」

トト・ヴォルフは、不運なエンジントラブルに対するシャルル・ルクレールの対応は、コース上でのパフォーマンスと同じくらい印象的だったと方ある。

「彼は優れたパーソナリティを持った謙虚な若者だ。そして、彼は非常に速い」とトト・ヴォルフはコメント。
「スピードとパソナリティの組み合わせ、そして、どちらの方向でも感情を穏やかに保てることは素晴らしい要素だ」

「彼も確実に心にライオンを持っていると思うが、他の多くのドライバーは、3位についてより物議を醸すような対応をしただろう。彼らは怒り、それを示していたはずだ」

「だが、そのどれもシャルルには見られなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / シャルル・ルクレール