F1 メルセデス 2019年のF1世界選手権
メルセデスは、2019年のF1世界選手権に向けてほぼ新型と呼べるほどのF1パワーユニットを投入すると報じられている。

2014年にF1にV6ターボハイブリッドが導入されて以来、メルセデスのF1パワーユニットは“最強”の呼び名を欲しいままにしてきたが、昨年、フェラーリが馬力面でメルセデスを上回ったとされ、ホンダとルノーも進歩を果たしている。

しかし、La Gazzetta dello Sport は、メルセデスのブリックスワースのエンジン拠点では、完全に新しい“大幅なに再設計”されたF1パワーユニットが製造されており、2018年型ユニットから引き継がれているものは“ほとんどない”と報道。

同紙によると、メルセデスの2019年型F1パワーユニットは、特にエネルギーリカバリーの分野で進歩を遂げており、燃料消費量の追加なく12馬力を増加させているという。

実際、FIA(国際自動車連盟)はレース毎に使用する燃料を5kg増加させるとしており、2019年に燃料消費量が増加されることを考えれば、メルセデスのF1パワーユニットは馬力面でさらにライバルを引き離すことになるかもしれない。

以前、メルセデスのF1チーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2019年F1エンジンの設計においてメルセデスが間違いを犯したことを明らかにしていた。

「残念ながら、エンジンにマイナーな事故が起こった」とトト・ヴォルフはコメント。

「エンジン面では、新しいコンセプトはもう少しパフォーマンスを届けてくれると信じていたという点でちょっとした挫折があった。だが、うちのスタッフは全員が同じように非常に野心的であり、私は楽観視している」

「メルボルンでシーズンが開幕すれば、より多くのことがわかるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス