F1 メルセデス レッドブル・ホンダ
メルセデスのモータースポーツ責任者を務めるトト・ヴォルフは、レッドブル・レーシングが2019年にホンダのF1パワーユニットに切り替えることは正しい決断であり、彼らがチャンピオンシップに勝つためには“ベストなチャンス”だと語る。

レッドブル・レーシングは今シーズン限りでルノーとの12年間にわたるパートナーシップを終了し、2019年からホンダと2年間のF1パワーユニット供給契約に合意した。

ホンダは昨年までの3年間、マクラーレンとのパートナーシップで厳しいシーズンを過ごしてきたが、トト・ヴォルフはレッドブル・レーシングはホンダのF1パワーユニットでメルセデスに挑戦してくることになると考えている。

「F1ファンとして、我々全員がF1におけるホンダの輝かしい時代を覚えているし、彼らがそのような状況に戻ってくると確信している。彼らが競争力をつけてくるのは疑いのないことだ」とトト・ヴォルフはコメント。

「メルセデスとして、F1にトップブランドがいることはかなり重要だ。エンジンサプライヤとしてスポーツに加わるOEMがいることや、レッドブルのような多国籍でグローバルなブランドがいることは、我々全員のためにもっと多くの魅力になるし、スポーツにとっても良いことだ」

「来年、トロロッソ、ホンダ、そして、レッドブルのコラボレーションは新たな前進となるだろう。レッドブルの技術力とリソースがエンジン開発の進歩を助ける大きなアシストになることは確かだと思う。レッドブルがワークスステータスを得ることは外部から見ても確実に正しい前進だ」

「長期的に見れば、チャンピオンシップに勝つための最高のチャンスだろう。短期的にはやらなけれべばならない仕事は多いかもしれないが、長期的に完全に正しい決断だと思う」

「レッドブル・ホンダとよりタフな戦い、バトルをすることを楽しみにしている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス