F1 メルセデス ルイス・ハミルトン
メルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフは、ルイス・ハミルトンがメルセデスでF1キャリアを終えてくれることを願ってはいるが、フェラーリ加入という誘惑に勝てないとしても驚くことはないと語る。

ルイス・ハミルトンは、メルセデスとの契約更新に近づいていると報じられており、最近ではハミルトン自身が開幕戦オーストラリアGPまでに新しい契約を締結することを希望していると語っている。

新契約は年間4000万ドル(約42億4000万円)の2年契約になると推定されている。

しかし、トト・ヴォルフは、この契約がメルセデスとルイス・ハミルトンとの最後の契約になるかもしれないと認める。

「ルイスは現代の世代で最高のドライバーだ」とトト・ヴォルフは Daily Mail にコメント。

「だから、もちろん私としてはできる限り長く彼を我々のチームにキープしたいと思っている」

「だが、彼は今回の契約の後に少なくともあと1回は契約をすると思うし、フェラーリはすべてのドライバーにとって魅力的だ」

そう語るトト・ヴォルフだが、ルイス・ハミルトンはメルセデスで“幸せ”だと付け加えた。

「我々の関係はますます強力なものになっている。だが、もちろん、シーズン中には緊張した状況になることもある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: メルセデス | ルイス・ハミルトン