メルセデスGP F1中国GP
メルセデスGPは、F1中国GP初日のフリー走行で、ニコ・ロズベルグが4番手、ミハエル・シューマッハが5番手だった。

ニコ・ロズベルグ (4番手)
「今日は小さな前進を遂げられた。特に午前中はマレーシアと比較してマシンでいくつかポジティブなことを学ぶことができた。今日はバランスがかなり良かったし、このトラックを運転するのは本当に楽しい。今、僕たちがどの位置にいるかはあまりわからないし、もちろん、他がなにをやっていたのかわからないけど、今日の走行は明日のパフォーマンス改善への望みを与えてくれた」

ミハエル・シューマッハ (5番手)
「上海のトラックの初日は良い仕事ができた。今週末はアプローチを変えたけど、それが成果をあげていると思う。主に高い燃料搭載量に集中したけど、少ない燃料で始めるよりも良いセットアップが見つけられるように思う。僕の見解では、ロングランが最初の2戦よりも明らかによくなっている。まだ改善の余地はあるので、予選で何ができるか楽しみにしている」

関連:
F1中国GP フリー走行2回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム
F1中国GP フリー走行1回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / メルセデス / F1中国GP