F1 マクラーレン ルノーF1 2018年のF1世界選手権
マクラーレンの2018年F1マシン『MCL33』およびルノーの2018年型F1パワーユニット『R.E.18』の主要諸元とスペックが発表された。

マクラーレンは23日(金)、2018年のF1世界選手権を戦うマシン『MCL33』を披露。チームの伝統カラーであるパパイヤオレンジのカラーリングを復活され、上位へ返り咲くという決意を示した。

マクラーレンは、昨シーズン限りでホンダとのパートナーシップを解消し、今シーズンからルノーのカスタマーパワーユニット『R.E.18』を搭載する。

2018年のF1レギュレーションは昨年から大幅な変更はないが、コックピットッ保護デバイス『Halo』、そして、シャークフィン、モンキーシート、Tウイングの廃止により、ルックス的には昨年から大きく変わることになる。Haloの追加により、マシンの最低重量は733kgにアップしている。

マクラーレン MCL33は、昨年マシンのコンセプトをキープした進化版。カラーリングと相まってシンプルに見えるが、ノーズステーのスリットやバージボード周りの空力パーツのデザイン、サイドポッド上部のフェアリングなどにはマクラーレンらしさが現れている。

サイドポッドの形状は昨年フェラーリが先駆けたコンパクトな設計を導入。リアもかなりタイトに絞り込まれるなど、ホンダとはレイアウトが異なるルノーのF1パワーユニットに合わせたパッケージングの苦労が垣間見える。

マクラーレンは来季の導入にむけた燃料&オイルのパートナーとしてペトロブラスと契約。今季はBPカストロールの製品を使用するが、諸元表から記載は消えている。

23日(金)にはフィルミングデーを利用して早速MCL33のシェイクダウンを実施。現状ではHaloのフェアリングやTウイングに代わる“ギアボックスウイング”などは搭載されていないが、マクラーレンは開幕戦までに大幅な空力アップデートを導入することを予告している。

マクラーレン MCL33 主要諸元

形式マクラーレン MCL33
モノコックドライバーコントロールと燃料電池を組み込んだカーボンファイバーコンポジット製
安全構造コクピット・サバイバル・セル(対衝撃構造)、貫通防止パネル、フロント・インパクト構造、規定されたサイド・インパクト構造、一体型リア・インパクト構造、フロント&リヤロール構造、Halo二次ロール構造
ボディーワークカーボンファイバー・コンポジット製。エンジンカバー、サイドポッド、フロア、ノーズ、フロントウイング、リアウイング、ドライバー操作によるドラッグ抵抗低減システム(DRS)
フロントサスペンションカーボンファイバー製ウィッシュボーン。プッシュロッド方式トーションバー、ダンパーシステム
リアサスペンションカーボンファイバー製ウィッシュボーン。プルロッド方式トーションバー、ダンパーシステム
重量733kg(ドライバー重量を含む、燃料は含まず)
重量配分は45.4%:46.4%
電子機器マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製。シャシー制御とパワーユニット制御、データ収集機器、データ解析およびテレメトリー・システムを含む
計器類マクラーレン・アプライド・テクノロジーズ製ダッシュボード
ブレーキシステムAkebono製ブレーキキャリパー、マスターシリンダー
Akebono製“ブレーキ・バイ・ワイヤ”ブレーキコントロールシステム
カーボン製ディスク、パッド
ステアリングラック・アンド・ピニオン型パワーステアリング
タイヤピレリ製P Zero
ホイールエンケイ製
無線機器ケンウッド製
塗装シッケンズ製品によるアクゾノーベル・カー・リフィニッシュ・システム
冷却性ステムカルソニックサンセイ製冷却水、オイル
高度生産ストラタシス 3Dプリンティング & アディティブマニュファクチャリング

パワーユニット

型式ルノー・スポール R.E.18
最小重量145kg
パワーユニットコンポーネント内燃エンジン
MGU-K
MGU-H
エネルギー貯蔵装置
ターボチャージャー
コントロールユニット

エンジン

燃料搭載量1.6L
気筒数6気筒
バンク角90度
バルブ数24
最大回転数15,000 rpm
最大燃料流量100kg/時(10,500rpm)
燃料搭載量105kg
燃料噴射方式直噴(1シリンダーあたり1噴射器、最大500bar)
過給機同軸単段コンプレッサー、タービン

エネルギー回生システム

機構モーター・ジェネレーター・ユニットによるハイブリッド・エネルギー回生。MGU-Kはクランクシャフトに、MGU-Hはターボチャージャーに接続
エネルギー貯蔵装置リチウムイオンバッテリー(20~25kg)
1周あたり最大4MJを貯蔵

MGU-K

最大回転数50,000 rpm
最大出力120 kW
最大回生量1周あたり2MJ
最大放出量1周あたり4MJ

MGU-H

最大回転数125,000 rpm
最大出力無制限
最大回生量無制限
最大放出量無制限

トランスミッション

ギアボックスカーボンファイバーコンポジット製ケース、縦置き
ギア数前進8速、後退1速
ギヤ操作電動油圧式シームレスシフト
デフ遊星歯車構造の多板リミテッド・スリップ・クラッチ式ディファレンシャル
クラッチ電動油圧式カーボン製多板クラッチ

マクラーレン MCL33 画像
画像 マクラーレン MCL33
画像 マクラーレン MCL33 (フロント)
画像 マクラーレン MCL33 (サイド)
画像 マクラーレン MCL33 (トップ)
画像 マクラーレン MCL33 (フロントウイング)
画像 マクラーレン MCL33 (ノーズ)
画像 マクラーレン MCL33 (バージボード)
画像 マクラーレン MCL33 (サイドポッド)
画像 マクラーレン MCL33 (Halo)
画像 マクラーレン MCL33 (サイドポンツーン)
画像 マクラーレン MCL33 (リアボディワーク)
画像 マクラーレン MCL33 (リア周り)
関連:画像 マクラーレン、2018年F1マシン『MCL33』を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: マクラーレン