マクラーレンF1技術代表 「F1がポーパシングを過小評価したのは驚き」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、2022年シーズンの開幕を支配した「ポーパシング」の問題をF1が予想していなかったことに驚いていると認める。

グランドエフェクトの空力の復活を含む新しい技術規則やレギュレーションの導入により、1980年代以来、F1では見られなかった現象が再び起こった。

路面の凹凸により、高速ストレートで走行中にアンダーフロアと地面との「シール」が断続的に破壊され、マシンが一瞬浮き上がってグリップを失い、全体のスピードとハンドリングに影響を及ぼした。

以前であれば、アクティブサスペンションがダイナミックに車高を変化させることでこの影響を打ち消すことができたが、ルール上、それはもう許可されていない。

メルセデスF1は特に大きな影響を受けたが、レッドブル・レーシングはほとんど影響を受けなかった。おそらく、それはオリジナルのグラウンドエフェクト時代にF1で活躍していたエイドリアン・ニューイの知識と経験のおかげもあるだろう。

F1のチーフテクニカルオフィサーであるパット・シモンズは、2022年に向けてのレーダーにはポーパシングがなかったことを認め、モータースポーツディレクターのロス・ブラウンは、プレシーズンの風洞テストでチームがこの問題を予見していなかったことに驚いていると述べた。

ジェームス・キーは、F1が新しいレギュレーションを考案する際にこの問題を予測すべきだったとしながらも、ルール変更の2つの重要な側面のうち、チームが予測できなかったものの1つであることを認めている。

「この2つは、我々にとってあまり明白ではなかったと思う。1つはポーパシングで、これは我々全員が見逃していた」と彼は語った。

「もし我々が80年代にいたくらいに年を取っていて、前回の70年代に起きた問題を覚えていたら、おそらくもう少し賢明だっただろう」

「しかし、実際には、シーズンの初めにあれほど深刻な事態になる可能性があったことを、我々全員が見逃していた」

「解決に予想以上の時間がかかる傾向がありました」。

ほとんどのF1チームがポーパシング対策に成功したが、FIA(国際自動車連盟)は、2023年に向けて、過度のバウンシングからドライバーの健康を守るためのさらなる変更を導入する。

もうひとつ、ジェームス・キーが2022年の驚きとして挙げたのは、「トウ」がいかに疎外されてきたかということだ。これは、ドライバーが先行車のスリップストリームに入り、ストレートで引っ張られることでオーバーテイクを支援するものだ。

しかし、先行車が巻き起こす「ダーティエア」の乱れを軽減するための新ルールは、そのアプローチに大きな違いをもたらした。

「スリップストリームは明らかにオーバーテイクの一部だったが、それを失ってしまった」とジェームス・キーは語った。

「コーナーでの追従性を高め、風の強いサーキットでは少し楽になったかもしれないが、その効果は確実に小さくなっている」

「正直なところ、どうやってそれを修正して、もうひとつを破壊するのかわからない。かなりトリッキーだ。その分、何かを失ったと思う」

昨シーズンはすべてが計画通りに進んだわけではなかったが、ジェームス・キーは、F1とFIAが新しいルールとレギュレーションを開発するために行った作業を高く評価している。

「以前は難しかったコースで、チームがフォローできるレースができたのは確かだ」とジェームス・キーは語る。。

「ハンガロリンクをはじめ、従来は難しかったサーキットでも、予想以上に多くのオーバーテイクを見ることができた」

「ドライバーたちは皆、フォローしやすくなったと言っている」

「FIAがこのようなイニシアチブをとり、初期の研究の多くを開拓し、チームと積極的に関わったことを高く評価したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン