マクラーレン、F1メキシコGPで2022年の最速ピットストップを記録
マクラーレンは、F1メキシコGPで、新世代F1マシンで2秒未満のピットストップを記録した最初のF1チームになった。

F1メキシコGPでのダニエル・リカルドの1.98秒のピットストップは、今年初めにセルジオ・ペレスのタイヤを交換したレッドブルのメカニックによって設定された2.09秒の以前のベストタイムを破った。

メキシコでのマクラーレンのメカニックの滑らかなピット作業は、ダニエル・リカルドのチームメイトであるランド・ノリスがレースで2番目に速いピットストップタイムである2.29秒を記録したことでさらに強調された。

ただし、マクラーレンは最速のピットストップで王冠を獲得したが、レッドブル・レーシングは2022年シーズン中に最速のピットストップの10回のうち5回を行ったため、ホイールガンでの一貫性をさらに主張することができる。

特に、レッドブルとマクラーレンは、公式のF1チャンピオンシップの順位と同じ基準でチームにポイントが与えられるシーズン最速のピットストップのDHLのランキングで1位と2位だ。

レッドブルは501ポイントで前に出ており、384ポイントでマクラーレンが2位、フェラーが227ポイントで3位につけている。

F1メキシコGP ピットストップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1メキシコGP