アレックス・パロウ、マクラーレンとのF1テストを完了「完璧なマシン」
アレックス・パロウは、マクラーレンとのF1テストを終えて、インディカーからF1への飛躍を目指していることを明らかにし、初めて運転したF1マシンは“パーフェクト”だと表現した。

先週、アレックス・パロウは、仲間のインディカー レーサーであるパトリシオ・オワードと共に、マクラーレンF1チームのTesting of Previous Carsプログラムの一環としてバルセロナ・カタルーニャ・サーキットで開催された非公開テストで2021年仕様のMCL35M のハンドルを握った。

テスト後、アレックス・パロウは SoyMotor.com とのインタビューで、他のモータースポーツカテゴリーでの以前の経験と比較してF1マシンを運転することで見つけた主な違いを明らかにし、その経験がとても楽しいものであった理由を説明した。

「F1は、ドライバーが依然に運転できる他のすべての車とは非常に異なる。車から降りたときに最初に頭に浮かぶのは加速、ブレーキングだ…基本的なことだけど、それは大きな変化だ」とアレックス・パロウは語った。

「信じられないくらいだ。まず、車の中ですべてがうまくいっていることをチェクするためだけに1時間を費やし、シートを確認し、速度に慣れるために時間を割いた。車から飛び降りたとき、妻のエスターと父に、機会そのものではなく、車の挙動、それがどれほど違うのか意味が分からないと伝えずにはいられなかった」

「加速に終わりのなくてずっと続いくようだった。その後、さらに周回を重ねるうちに慣れてきて、どこで終わるかがわかるようになる…そして、ブレーキングやコーナリングがある…とにかく本当に完璧だ」

マシンから100%を引き出すことができたかと質問されたアレックス・パロウは「100%ノーだ」と答えた。

「わずか500 kmの距離で車を最大限に活用することは困難だ。できなくはないけど、それにはリスクが伴う。時間に追われていたわけではなく、より進歩的なものだった」

「結局のところ、僕はレース ドライバーであり、それはレースチームなので、最も重要なのは速く走ることでだ。それは確かだけど、インディカーからF1にジャンプして、わずか1日で車から100%を引き出すのは現実的ではないと思う」

また、2021年のインディカーチャンピオンであるアレックス・パロウは、いつの日かフルタイムのF1ドライバーになりたいという野心を打ち明けた。

「インディカーで優勝したとき、それは僕が自分自身に設定した最大の目標だった。そうなると、ドアはもう少し開かれ、目標もまた開かれる」とアレックス・パロウはコメント。

「アメリカで僕たちはインディ500でオーバルを本当に速く走れることを証明してきたと信じている。僕たちはチャンピオンシップを勝ち取った。なぜF1を試してはダメなのか?」

「このテストを行うことは、何かが起こった場合に僕たちがサイドラインいるという意味ではないけど、テストを行うことは何もしないよりはましでだし、人生のある時点でF1に挑戦したいと思っていた。今、僕はそれを実現した」

アレックス・パロウ F1 マクラーレン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン