マクラーレンF1代表 「序盤のブレーキ問題がいまだに尾を引いている」
マクラーレンF1のチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、アルピーヌF1チームとの戦いにおいて、シーズン序盤のブレーキ問題の長期的な影響をいまだに感じていると語った。

マクラーレンは、2022年の残りのシーズンで、レッドブル、フェラーリ、メルセデスに次ぐコンストラクターズ チャンピオンシップのベスト・オブ・ザ・レスト枠をめぐって、アルピーヌF1チームと激しい戦いに直面している。

アルパインF1チームは、次戦F1シンガポールGPに大幅なフロアアップデートをもたらすことを明らかにし、ランキング4位を獲得することを望んでいるように見える。

一方、マクラーレンは、2022年の困難なスタートの代償を払ったことを認めている。開幕戦のF1バーレーンGPでは、プレシーズンテストで直面したブレーキのオーバーヒートの問題を克服するのに時間がかかり、最後尾近くに追い込まれた。この問題を解決するために必要な努力は、リソースをマシンの他のパフォーマンス領域から逸らさなければならず、それはシーズンを通しての開発プッシュという点で悪い結果をもたらした。

ブレーキ問題の影響が最終的にアルピーヌF1チームとの戦いに違いをもたらした可能性があるかと質問されたアンドレアス・ザイドルは「もちろん、役に立たなかった」とコメント。

「特にシーズンのこの時期にはね。結局、パフォーマンス開発のためにすぐに使用したい多くのリソースを問題を修正するために使用しなければならなかった」

序盤のレースで起こったことの影響が長引いたにもかかわらず、アンドレアス・ザイドルはマクラーレンが問題を乗り越えた方法を称賛しており、最終的にはマシンの弱点への対処においてある程度の進歩を遂げたと感じている。

「昨年弱点だった分野で、我々は良い前進を遂げたと思う」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「同時に、過去2シーズンと比較して、明らかにシーズンの残りの部分で競争力が低下していることがわかる」

「だが、結局、今年は新たなスタートだったと思う。今シーズンがどのように進んだかを振り返ると、バーレーンテストでのブレーキのために困難なスタートを切ったことが分かっている。F1のこの時代に入るという点で、それはスタートパフォーマンスの点で単純に後手に回ってしまった」

「間違いなく、我々が望んでいた場所にいなかった。だが、同時にチームはシーズンを通して強い反応を示し、戻ってきたと思う」

「バーレーンでの最初のレースで我々がいた場所を忘れてはいない。我々はほぼフィールドの後ろにいた」

マクラーレンは、もっとうまくやる機会があると感じていたが、アンドレアス・ザイドルは、バーレーンでの状況がいかに悪かったかを考えれば、事態は同様に悪化した可能性があることも理解していると語る。

「それを考えると、我々が持ち込んだパッケージで達成できる進歩を見れば、相関関係は良好で、実際にはポジティブだった」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「しかし、難しいスタートだったので、現在の位置、4位と5 位にいることを受け入れなければならない。これは、シーズンを開始した場所と比較して良いリカバリーだ」

F1 マクラーレン

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン