マクラーレンF1の両ドライバー、チームオーダーに葛藤と理解 / F1アゼルバイジャンGP 決勝
マクラーレンF1のドライバーであるダニエル・リカルドとランド・ノリスは、F1アゼルバイジャンGPのさまざまな場所でチームオーダーに阻まれたが、リカルドはその過程で“中立化”されたと感じている。

ダニエル・リカルドはレースの早い段階でランド・ノリスの後ろにとどまるように指示された。当時のミディアムのノリスに比べて、リカルドはハードタイヤで提供するペースの方が速いと信じていた。

ダニエル・リカルドは、自分の方がペースが速い感じていたが、チームメイトへの攻撃を抑制した。一方、終了間際には立場は逆となり、ランド・ノリスはチェッカーフラッグまでダニエル・リカルドの後ろに留まってチームゲームを演じた。

「もちろん、最初は、攻撃できると思っていたし、明らかにやりたかったけど、指示に従って、自分自身をコントロールしなければならなかった」とダニエル・リカルドはSky F1に語った。

「でも、こういったことはレース前にも話し合うことなので、ショックでもサプライズでもない。でも、残り2~3周で僕たちはポジションをホールドするように言われた。だから、恩返しがあったとしよう」

「今後、もっと話をすると思うけど、チームとして全体的なペースに苦労した週末にポイントに戻り、両方の車でポイントを獲得できたことをうれしく思う」

レース終盤、立場は変わり、ランド・ノリスが前のフェルナンド・アロンソと戦おうとしていたダニエル・リカルドの後ろに近づいた。アロンソのアルピーヌはフィールドでトップの最高速度を誇っており、リカルドはDRS圏内に入ることができなかった。

ランド・ノリスは、自分にフェルナンド・アロンソと戦う良い機会があったと感じ、チーム無線でチームメイトを抜かせてほしいと伝えた。しかし、チームはポジションをホールドするよう指示を出し、最終的にランド・ノリスは9位でフィニッシュした。

ランド・ノリスは、レーサーとして本能は別のことを言っていたが、チームがポジションを維持したのは正しい判断だったと信じていると語る。

「結局は純粋なポジションを目指して競争している」とランド・ノリスは語った。

「ボックスが1周前だったが、僕を先に行かせてくれただろうし、それは理解できる。でも、同時にレースをする必要があるし、僕たちはそれを知っていると思う」

「僕たちがやったことはフェアだと思うし、何も言うつもりはない。レースの最後はレースをフィニッシュしたいと思うものだ。そして、それが8位であるか9位であるかは関係ない」

「でも、ドライバーとしてはもっと前のポジションになりたいと思うものだ。とてもシンプルなことだ。でも、レースの途中で起こるのと最後にリスクがないときにフィニッシュポジションを争うのとではわずかな違いがあると思うけどね」

「チームは良い仕事をした。僕はそれに満足している。だから、文句を言うことは何もない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド / F1アゼルバイジャンGP / ランド・ノリス