マクラーレン、メルセデスのチームを継承してフォーミュラE参戦を発表
マクラーレンは、2022/2023年のシーズン9からフォーミュラEに参戦することを発表。チームは、メルセデスEQフォーミュラEチームを継承して形成される。

マクラーレン・レーシングは、シーズン9から2022/2023 ABB FIAフォーミュラE世界選手権に参加し、先駆的な全電気レースシリーズのGen3時代の始まりとなると電気モータースポーツの旅の次の段階を開始する。

フォーミュラEは、F1、インディカー、エクストリームE、eスポーツのマクラーレン・レーシングのポートフォリオに加わる

マクラーレン・レーシングは、2021年1月にフォーミュラEのシーズン9に参加するオプションに署名。その評価機関に、チームはエクストリームEに参戦していた。

フォーミュラEへの移行は、マクラーレンのEVモータースポーツへの取り組みを反映しているだけでなく、マクラーレン・レーシングの持続可能性の旅を加速し、新しい、より多様なグローバルオーディエンスにリーチするという目標を反映している。

マクラーレンフォーミュラEチームは、今年後半に完成する予定のメルセデスEQフォーミュラEチームの買収によって形成され、現在のチャンピオンチームがマクラーレン・レーシング・ファミリーの一員となる予定となっている。チームは引き続きイアン・ジェームスは率いることになり、今シーズン終了後にマクラーレンへのスムーズな移行を可能にする。

ドライバーラインナップ、パワートレインサプライヤー、コマーシャルパートナーなど、マクラーレンフォーミュラEチームプログラムの詳細は、後日発表される。

マクラーレンレーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは「マクラーレン・レーシングは常に最先端のテクノロジーと競争することを目指しており、ファン、パートナー、人々に興奮し、楽しませ、刺激を受ける新しい方法を提供している」とコメント。

「フォーミュラEは、すべてのレーシングシリーズと同様に、これらすべての基準を満たしている」

「我々が参加しているすべての形態のスポーツと同様に、フォーミュラEは中心にレースがあり、戦略的、商業的、技術的にマクラーレン・レーシング全体に追加される」

「メルセデスが構築したクラスをリードするフォーミュラEチームにホームを提供することも満足のいくものであり、マクラーレン・レーシング・ファミリーの本格的なメンバーとなる。F1チームとインディカーチームは分けて運営されているが、フォーミュラEは、エクストリームEと一緒にEVレーシングプログラムを補完および構築していく」

「フォーミュラEは、ファン、パートナー、人々に違いをもたらし、持続可能性の道を歩み続ける一方で、EVレースをより深く理解することで、マクラーレン・レーシングに競争上の優位性をもたらすと確信している」

メルセデスEQフォーミュラEチームのチームプリンシパルであるイアンジェームズは「本日の発表は、チームの発展における次のエキサイティングな章を確認するものだ」とコメント。

「2019年の創業以来、パフォーマンス、持続可能性、適応性が我々の成功の鍵となっている。メルセデス・ベンツはこれまでこのチームの主要なイネーブラーであり、この旅を始めたとき、我々はこれまでに達成した結果を期待することしかできなかった」

「会社の明確な目的と技術的専門知識が我々の野心を加速させた。我々が最も得意とすること、つまりレースを行うのを手伝ってくれた最も協力的な所有者であることに感謝したいと思う。繰り返しになるが、彼らはフォーミュラEの旅を続けるための適切なパートナーを確保する助けになってくれた」

「マクラーレン・レーシング・ファミリーの一員になることは特権だ。マクラーレンは常に成功と高性能の代名詞だった。これは、関係するすべての関係者にとって素晴らしい瞬間だが、何よりも、このチームを構成する人々にとっては素晴らしい瞬間だ。彼らはその心臓を鼓動させ続けるものだ。彼らと一緒に仕事を続けることができることは、私が最も興奮していることだ」

「私はチームのこの次の章を非常に楽しみにしており、シーズン9でそのメンバーになることを誇りに思う。それまでは、メルセデスEQフォーミュラEチームとして、今シーズンの残りの部分で可能な限り最高の結果を提供することに注力していく」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / フォーミュラE