マクラーレンF1、アウディとの会談を認めるも「彼の参戦は明確ではない」
マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは、フォルクスワーゲン・グループの参戦の可能性についてアウディと話し合ったと認め、ポルシェもレッドブルと提携することになると考えていると語った。

フォルクスワーゲン・グループのF1参戦についての報道は数を増しており、次世代F1パワーユニットが導入される2026年にアウディとポルシェの両方のブランドを参戦させることに強い関心を持っていると伝えられている。

アウディは、F1グリッドへの迅速な道として、マクラーレンF1チームと自動車事業を引き継ぐことを検討しているという憶測があったが、それらの議論は合意なしに終了した。

ザク・ブラウンは2つの象徴的な名前の少なくとも1つはF1に参戦する可能性が高いと信じているが、マクラーレンF1は、自分たちの将来を急いで決定するつもりはないと語る。

「彼らはポルシェでレッドブルと何かをするつもりだと聞いている」とザク・ブラウンは語った。

「彼らはグリッド上の少数の人々と話をしたと思う。皆さんが想像するように、我々も会話をしているが、我々は、短期的および中期的に自分たちがいる場所に非常に満足している」

「したがって、我々は彼らがスポーツに参加するかどうか成り行きを見守っていくつもりだ。それが明確に決定されているとは思っていない」

「そして、彼らがF1に参戦する場合、我々には今期を通しての契約がある。当然のことながら、我々は自分たちがどこにいて、誰がスポーツに参加しているかを評価し、時期が来たら2026年に関する決定を下すつもりだ」

マクラーレンは、ホンダとルノーとの期間の後、昨シーズンの初めに再びメルセデスとの協力を開始した。当時の発表では、「少なくとも2024シーズン」までのパートナーシップとしている。

RACERは、ポルシェとレッドブルとの間で最初の交渉が行われた報じている。

ホンダがF1から撤退し、レッドブルF1は、ホンダからF1エンジンの知的財産権を引き継いで、新しいエンジン部門であるレッドブル・パワートレインズを設立。シャシーコンストラクターズだけではなく、エンジンサプライヤーの立場にもなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / アウディ