マクラーレンF1 「2022年F1マシンの開発レートは非常に高くなる」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームズ・キーは、2022年シーズンはF1チームが新しいレギュレーションを理解するにつれて“非常に高い”開発レートを達成することになると予想する。

新型コロナウイルスによる1年の延期を経て、F1は2022年にオーバーテイクを改善するために空力を大幅に見直した待望の新しい技術規則を導入する。

F1は、ダーティエアを減らし、より規範的なルールセットがレースを拮抗させることを望んでいるが、一部のオブザーバーは、新しいレギュレーションサイクルの性質が実際に最初の数シーズンでチーム間の差をさらに引き離すことを恐れている。

マクラーレンF1のテクニカルディレクターであるジェームズ・キーは、チームが新しいパッケージ理解し始めるにつれて、2022年は大きな開発曲線になると考えており、特定のチームがマシンで“リアルなゲームチェンジャー”になる可能性を除外せず、チームがお互いに拮抗するには1年かかるかもしれないと語る。

パフォーマンスが迅速に収束すると予想しているかと質問されたジェームス・キーは「開発レートは非常に高くなる可能性が高いと思う」と語った。

「これらのレギュレーションの性質上、おそらく現在よりも少し早く同等になると思う。単純にマシンでやることにはかなり多くのことなる方法があり、新しいソリューション、追求できる新しい方法が常にあるからだ」

「2022年はもう少し近づけるために何らかのことを始めるには少し速いと思う。公平に見ても、必ずしも2022年ではなく、2023年になるかもしれない」

「しかし、我々はまだ学ぶことがたくさんあると思う。2022年マシンには誰もが学ぶことがたくさんある。我々はそれらをコース上で相関させる必要がある。全員が何をしたかを見る必要がある」

「他の人のマシンを見て、何台かリアルなゲームチェンジャーがいる可能性がある。他のマシンに対するパフォーマンスを確認し、ライバルに対する長所と短所の答えを出す必要がある。それ点で、我々は皆が同じ立場にある」

「シーズン前半を進めていくにつれて、開発やアイデアは大きく飛躍すると思う。そして、シーズン後半には、それがマシンのパーツに融合してくるだろう」

「2023年に関しては、それまでに特定の傾向がチームによって特定されているため、状況はより類似するようになると思う。それがマシンが類似していることを意味するかどうかを言うのは時期尚早だが、チームは2022年マシンよりも2023年へのアプローチの仕方でより良いアイデアを得るのは確かだと思う」

新しいレギュレーションは以前のルールセットよりも規範的であり、F1チームが利用する自由が少なくなる。ジェームズ・キーは、巧妙な利益を見つけることは“より微妙で複雑”なプロセスであることは証明されているものの、チームが新車の開発中にも革新的になれると考えている。

「技術的には、使用できるツールが少なくなっているが、通常、現在のマシンでは決して浮かばなかったような多くのアイデアが生まれる」とジェームズ・キーは説明した。

「多くの点で効率は劣るが、パフォーマンスを少し向上させることができるエリアについて考える傾向がある。空力面、さらにはサスペンション側でも、ツールが少なく、制限が多いため、内部サスペンションも以前に比べて非常にシンプルになっている」

「実際には、このようなときに非常に革新的になる。2009年に、エアロダイナミストがオフィスを歩き回って、もう同じではないと言っていたときにそれは起こった。彼らは皆、やれることがたくさんあることに気づいた。もう少し微妙で複雑だ。2022年ではそういう状況だ」

「我々はいくつかの違い、異なるマシンのいくつかのアイデアを見ると思う。人々が何をしたかを見るのは興味深いだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1マシン