マクラーレンF1代表 「2022年の最優先事項の1つはメルセデスPUの攻略」
マクラーレンF1のチーム代表を務めるアンドレアス・ザイドルは、オフシーズンのチームの最優先事項の1つは、2022年にメルセデスから供給される新しいF1パワーユニットを攻略することだと語る。

マクラーレンF1は、今シーズンに向けてルノーからメルセデスにF1パワーユニットを変更。開発に許されたトークンは、すべてエンジンを乗せ換えるためのシャシーの改良に費やされ、レギュレーションが比較的安定しているなかでエンジンの理解度という点で他チームよりも不利な状況でシーズンをスタートした。

だが、2022年は新しいレギュレーションが導入され、エンジンは同じままであるが、シャシーはまったく異なる空力コンセプトが実施される。したがって、新しいレギュレーションを理解できるチームは、パフォーマンスを向上させる強力な立場に立つことができる。

マクラーレンは、今シーズンのコンストラクターズチャンピオンシップで、昨年よりも1つ順位を下げた4位から改善を目指している。

「我々には素晴らしいチームがあり、次のステップを踏み出すために必要だと思うすべての才能が揃っている」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々には単に時間が必要だ。もちろん、野心的だが、同時にその結果を見るには時間が必要だ。次のステップに進むことができてとてもうれしい」

近年、F1エンジンはマクラーレンにとって特に頭痛の種となっている。ホンダF1との新しい契約のために2014年の終わりにメルセデスとの長年のパートナーシップを終了したが、それは失敗に終わった。

2017年のチャンピオンシップを9位で終えた後、マクラーレンは2018年と2019年のルノーF1にエンジンパートナーを変更したが、2020年にメルセデス陣営に戻った。

「今年の非常に重要なことの1つは、新しい技術規制が施行される前に、メルセデスとのパートナーシップを今年を通して稼働させることだった」とアンドレアス・ザイドルはコメントした。

「今年すでにメルセデスパワーユニットで多くの経験を積むことができた。それはメルセデスパワーユニットをすでに知っている状態で来年の完全に新しいマシンを設計できるいうより良い立場に我々を置くことになる。それは双方にとっても本当にいい仕事だった」

マクラーレンF1は、今年のチャンピオンシップでランキング3位を維持するために戦っていたが、後半戦で結果が落ち込み、最終的にはフェラーリに48.5ポイント差をつけた。

アンドレアス・サイドルは、それが「苦痛」だったことを認めたが、全体としては「多くの理由で私たちにとって素晴らしいシーズンだった」と主張した。

「予選とレースでメルセデスとレッドブルのラップタイムに近づくことができたという点で、我々は再びマシンで大きな一歩を踏み出した」とアンドレアス・ザイドルは説明した。

「今年は、我々のマシンに合ったトラックで時折彼らに挑戦する立場にあった」

「信頼性の面では非常に良いシーズンだったし、コース上での運用面でも強かった。ピットストップの一貫性とスピードで前進を果たした」

「チームとして一体となって仕事をする方法は、私にとっては再び次のステップだった。これは私にとって最も重要なことだ」

「組織および文化の観点から、2年前にチームを大幅にリセットした。そして、マクラーレンでは数年前にはなかった安定性を生み出した」

ランド・ノリスとダニエル・リカルドは二人とも2022年もマクラーレンF1のドライバーを務める。リカルドは、今年のF1イタリアGPでマクラーレンF1に9年ぶりの勝利をもたらした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン