マクラーレンF1、パトリシオ・オワードのF1シミュレーター作業に感銘
マクラーレンのザク・ブラウンは、アロー・マクラーレンSPのインディカードライバーであるパト・オワードが、12月のアブダビでのF1テストの準備のためにチームのF1シミュレーター作業は「非常に良い」だったと称賛した。

今年始め、ザク・ブラウンは、インディカーを勝利を挙げたらパトリシオ・オワードにF1テストの機会を与えることを約束。その期待にオワードは答え、テキストとデトロイトで2勝を挙げてラインキング3位でシーズンを終えた。

パトリシオ・オワードは、12月にヤス・マリーナ・サーキットでのF1テストに向けてマクラーレン MCL35Mでシート合わせを実施し、チームのシミュレーターで準備作業を行った。

「パトは素晴らしい才能だ」とザク・ブラウンは語った。

「彼は素晴らしいインディカーシーズンを過ごし、いくつかのレースで優勝し、ロングビーチでの最後のレースに向けてチャンピオンシップでシュートを放った。彼は非常に速い」

「彼は非常に素晴らしいパーソナリティだ。彼はシミュレーターに乗ったが、彼の準備はとても良かった。彼はアブダビで走る」

だが、ザク・ブラウンは、パトリシオ・オワードが、インディカーからF1に転向する可能性をそこまで大きく捉えておらず、マクラーレンでF1ドライバーの資格を得るまでに、まだアメリカで達成すべき目標があると語った。

「彼にあまりプレッシャーをかけないことが重要だと思う。彼がどのように乗りこなすかを見ていく」とザク・ブラウンは付け加えた。

「彼はそれを楽しんでくれると思う。彼が言ったように、多くのレーシングドライバーにとって、フォーミュラカーのドライバーなら、F1は最高峰だと思う」

「彼はとても興奮していて、とてもうまくいくと確信している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / インディカー