マクラーレンF1 「タイムシート上よりも実際のペースはいい」 / F1オーストリアGP 金曜フリー走行
マクラーレンは、F1オーストリアGPの金曜フリー走行を通じてトップ10周辺をうろついていたが、ランド・ノリスとダニエル・リカルドはどちらもタイムシートでのポジションにあまり悩まされてはいない。

ダニエル・リカルドは2週目となるレッドブ・ルリンクでの金曜日のセッションで12位と15位、ランド・ノリスは10位と9位だった。ミッドフィールドのライバルであるフェラーリはFP1で2位と3位、アストンマーティンはFP2で4位と5位だった。

パパイヤオレンジのマシンはペースで、ライバルにかなり遅れているように見えたが、ダニエル・リカルドはそうではないと語る。

「実際はそれほど悪くはなかったし、順位表には少し驚いている。マシンのバランスが崩れていると感させるものは何もない。いろんなところでほんの少しずつ足りなかったんだと思う」とダニエル・リカルドは語る。

「そして、ここには多くのコーナーがない。おそらくいろいろなところで0.1秒失うと、もちろん、それは合計で・・・0.5秒くらいになる。おそらくそれが僕たちが必要としているものだ」

FP2ターン2でのスライドに苦しんだランド・ノリスは、霧雨に襲われたため、マクラーレンは金曜日のタイムシートでの位置によって判断されるべきではないと語る。

「スピンはコンディションの姓にしようと思う。本当はまったく関係ないけどね」とランド・ノリスは冗談交じりに語った。

「でも、終盤に向かって雨が降り始めたときは少しトリッキーにった。タイヤの終わりにいたか、タイヤが古くなっていて、ちょっとしたミスをしただけだった」

「ペース的には見栄えが良くなかったかもしれないけど、自信はある。もしくは自信があると言いたい。明日はすべてを仕上げて、もっと良い一日を過ごすことができるはずだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / ダニエル・リカルド / F1オーストリアGP / ランド・ノリス