マクラーレンF1技術者 「メルセデスF1の技術サポートは素晴らしい」
マクラーレンF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、2021年のルノーからメルセデスへのF1パワーユニットへの切り替えは、新しいエンジンパートナーであるメルセデスとの“素晴らしい”相互作用によって大幅に促進されたと語る。

マクラーレンは2019年9月にメルセデスとのF1エンジン契約を結び、それ以来、エンジニアはメルセデス製F1パワーユニットのMCL35シャーシへの統合を進めてきた。

本来であれば、新レギュレーションによって完全に生まれ変わるF1マシンからメルセデスのF1エンジンを搭載する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックによって新レギュレーションの導入は1年延期され、2021年は昨年シャシーを持ち越すことになったため、MCL35のシャシーjの変更を余儀なくされた。

しかし、ジェームス・キーは「我々は合理的な状態にあると思う」と F1Nation に語った。

「今年の初めに明らかに遅れがあったにもかかわらず、我々は今年のこの時期に予想していた場所にいる」

「通常、我々はもっと早く始めたいと思っていた。明らかに思っていたほど早く始めることができたわけではなかった・・・だが、うまく追いついたと思う」

「メルセデスとの交流は素晴らしい。彼らは非常に協力的で、タイムスケールが短いという事実を認識してくれていた。そして、我々は過去数か月にわたって非常に効果的に協力してきた」

「エンジンの取り付けと2021年に向けてすでに製造しているパーツの成熟度によって、我々は期待していた位置にいることができている思う」

マクラーレンは、F1パワーユニットの切り替えに対処すると同時に、マフロアの再プロファイル、リアブレーキダクト、ディフューザーなどの今年の規制変更に準拠してシンの空力を微調整する必要がある。

「そこはまだ進行中の作業だ」とジェームス・キーは付け加えた。

「2021年の全体的なレギュレーションはかなり遅れが、我々はこのプロジェクトをしばらく進めてきた」

「我々はダウンフォースの削減分を取り戻している。そもそもそれはかなり大きな影響のあるものだった」

「2020年のフロアの側面プロファイルによるフロアの変化はかなり明らかだ。小さなディフューザー、リアブレーキダクトなど、それらはすべてリアタイヤの周りの空力の複雑な領域に影響を与え、実際には我々はできる限りそれを取り戻そうとしている。現時点では毎週進歩しているが、まだやるべきことがいくつかある」

さらに、マクラーレンのライバルはF1のトークンシステムを使用して、2021年マシンに選択したアップグレードを実装することができるが、マクラーレンはその割り当て全体をエンジンの変更に費やすことを余儀なくされている。

しかし、マクラーレンのCEOを務めるザク・ブラウンは、チームが今シーズンのパフォーマンスの面で一歩前進すると確信していると語る。

「パワーユニットを変更するにはおそらく最も理想的でない状況だ」とザク・ブラウンは言った。

「1つは、テストの削減は理想的ではない。そして、トークンシステムがある。だが、我々はメルセデスのパワーユニットで一歩前進すると考えている。これは、トークンを失った状態でマシンの他の領域を開発するという形で行われる」

「トークンシステムがなかったらもっと良かっただろう、そして、通常の我々には2週間のテストがあった」

「とは言え、メルセデスで行われている作業は素晴らしかった。我々のチームは、コラボレーション、コミュニケーション、そしてメルセデスの明確なカスタマー中心のアプローチに非常に満足している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン