マクラーレンF1、ガルフオイルとのパートナー契約を正式発表
マクラーレンF1は、ガルフオイルとの複数年のパートナー契約を発表。マクラーレン・レーシングおよび自動車メーカーのマクラーレン・オートモーティブを跨いだ戦略的なパートナーシップだと説明した。

今回のパートナーシップにより、ガルフのブランドは今週末のF1イギリスGPからマクラーレンF1チームに統合される。2020年のF1世界選手権を通してガルフのロゴはマクラーレン MCL35のエンジンカバーとウイングミラー、ランド・ノリスとカルロス・サインツのレーシングスーツ、ピットクルーのウエアなどに掲示される。

また、2021年以降、ガルフは、マクラーレン・オートモーティブの潤滑油サプライヤーとなり、すべての市販車は高性能エンジン向けに最適化されたガルフオイルと燃料で満たされる。ガルフのブランドは、世界中で行われるマクラーレン・オートモーティブのPUREカスタマーイベント、小売店、チームキットでも展示される。

さらに、少数のカスタマーには、マクラーレンのスーパーカーをマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)によってガルフのカラーリングに変更するオプションが与えられる。

ガルフとマクラーレンとのつながりは1968年に始まり、1973年シーズンの終わりまで続いた。ガルフとマクラーレンは、F1とCan-Amシリーズの両方で成功を収め、40戦以上の勝利を収めた。その後、1990年代のル・マン24時間レースでパートナーシップが復活し、有名なマクラーレンF1 GTRが10年間ガルフの水色とオレンジのカラーリングをまとっていた。

マクラーレンF1のCEOを務めるザク・ブラウンは「ガルフがマクラーレンに戻ってきたことを歓迎し、2つの象徴的なブランドが新しいエキサイティングなパートナーシップで再会できることを嬉しく思う」とコメント。

「ガルフはマクラーレンの歴史の一部であり、その革新性と業界での卓越した技術でよく知られており、マクラーレンと完全に一致している。今シーズン、一緒にパートナーシップを始められることを楽しみにしている」

ガルフオイルのCEOを務めるマイク・ジョーンズは「これはガルフ・ブランドをエリートモーターレースに戻す非常にエキサイティングなパートナーシップだ。歴史の本は、ガルフとマクラーレンが過去に何を成し遂げたかについて語る驚くべき物語でいっぱいだ」とコメント。

「今後、我々は再びこのユニークなパートナーシップの次の章を書くために我々は一緒にいる。我々は、将来の夢、そして、公道およびサーキット両方でのイノベーションに対する野心を共有するブランドと一緒に取り組むことを誇りに思っている。ガルフとマクラーレンの両方のクラスをリードする能力をさらに協力して発展させることを楽しみにしている」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / F1スポンサー