マクラーレンF1、メルセデスにPU変更後もギアボックスは独自製造
マクラーレンF1は、2021年からメルセデスのエンジンカスタマーとなるが、購入するのはパワーユニットだけであり、独自のギアボックスを設計および構築するという哲学は継続することを決定した。

ホンダF1とのパートナーシップ時代からマクラーレンはギアボックスは自社で生産しており、ルノーにエンジンを変更した今もそれは変わっていない。そして、メルセデスと組む来年もその方法は継続される。

マクラーレンは、ルノーとの2年間の短い契約期間を終了することを選択。2021年から過去に成功を収めたメルセデスのエンジンを再び使用する。

この選択により、マクラーレンは、メルセデス製のギアボックスも購入するとの推測が流れたが、チーム代表のアンドレアス・ザイドルはその選択肢を否定した。

「我々の戦略に変更はない」とアンドレアス・ザイドルは Motorsport-Total.com に語った。

「来年、我々はメルセデス製エンジンを搭載するが、ギアボックスの交換は計画してない。それが、我々が独自のギアボックスを作り続ける理由だ」

今年、ルノーのF1エンジンの最終年であるマクラーレンは、ランド・ノリスが開幕戦オーストリアGPで自身初となる表彰台を獲得して注目を集めている。

開幕3戦の全てでポイントを獲得しているマクラーレンは、41ポイントを獲得してコンストラクターズ選手権で3位につけている。

アンドレアス・ザイドルは、チームのパフォーマンス向上の一部は、ルノーのF1エンジンとこれまでの完璧な信頼性のおかげだと認める。

「最初の3つのレースでの耐久戦は100%だった」とアンドレアス・ザイドルは語った。

「我々は3戦のすべての予選とレースを走り切っている。昨年に比べて良い前進だ」

「我々はバルセロナで良い冬季テストを行った。そこでは何キロも走りましたが、今ではそれが成果を挙げている」

「それはポイントを集める鍵でもある。この耐久性を実現したルノーの同僚に感謝の意を表したい」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / メルセデス