マクラーレン 「レッドブル・ホンダF1はメルセデスを追い詰める」
マクラーレンF1のCEOであるザク・ブラウンは、2020年もメルセデスが依然として圧倒的な勢力ではあるが、レッドブル・ホンダF1が王者を“追い詰める”ことができると考えている。

昨年、メルセデスF1はドライバーズおよびコントラクターズ選手権を6連覇して歴史を築いたが、今年はそれを7まで伸ばし、さらに比類のない記録を築き上げる可能性がある。

ここまでドライバーズタイトルを3連覇しているルイス・ハミルトンは、今年タイトルを獲得すればミハエル・シューマッハの7回のF1ワールドチャンピオン記録に並ぶことになる。その一方で史上最年少F1ワールドチャンピオン記録がかかっているマックス・フェルスタッペンとレッドブル・ホンダのコンビがメルセデス政権にストップをかけることが期待されている。

ザク・ブラウンは、2020年のレギュレーションが安定したままであることを考えれば、メルセデスF1がまだ支配的なマシンを持っていると考えているが、レッドブル・ホンダF1がはるかに遅れているとは思っていないと語る。

「2020年と2021年は、2019に目にしたものと同じような感じになるだろう」とザク・ブラウンは Racefans.net に語った。

「ミッドフィールドはさらに近くなると思う」

「冬季テストで我々が目にしたのは、メルセデスが2020年も再び支配的なチームだということだ。そして、ルールのために我々はそれほど多くのマシンを改良することができない。したがって、メルセデスは、2020年と2021年にかなり優れていると予想している」

「レッドブル・ホンダは一歩前進したように見えるし、彼らはメルセデスを追い詰めるだろう。しかし、彼らがシーズンを通して彼らを捕まえていることができるかどうかはわからない」

ザク・ブラウンにとって、その伝統的なトップ3の最後のメンバーであるフェラーリは、今のところ未知の存在だ。

「フェラーリは少し読みにくかった。人々は彼らがそれほどペースを持っていないかもしれないと思っているようだった」とザク・ブラウンは語る。

「不明だ。だが、すぐに明らかになると思う」

ザク・ブラウンは、昨年のメルセデスに酷似したRP20を登場させて注目を集めたレーシング・ポイントを批判はしないが、チャンピオンを獲得したマシンをコピーしたことによって深刻な脅威になると考えている。

「我々は自分たちの進歩に満足している。レーシング・ポイントは、誰もがピンクメルセデスと呼んでいるように、明らかに一晩で非常に競争力を高めている。事実上、昨シーズンにチャンピオンシップに勝ったマシンを使っているのだからね」

「ミッドフィールドのバトルはさらにタイトなものになり、そのまま2021年に突入すると思う」

マクラーレンは、2021年からメルセデスのF1エンジンに切り替える。ザク・ブラウンはF1で最高のエンジンだと感じているエンジンを搭載することはチームにとってメリットになるが、マクラーレンはトークンシステムによって開発面が制限されると語る。

「しかし、このトークンシステムが作り出されたことでマシンをどれくらいアップグレードという点で不利益が生じる。我々はメルセデスのエンジンをシャシーに適そうするために一部のトークンを使用しなければならない」

「我々はより競争力と考えているパワーユニットから利益を得るだろう。ルノーのエンジンは非常に強力だと思うが、メルセデスに関しては誰もが最強だと認識していると思う。しかし、我々ができる他の開発には制限がある。我々のマシンがどれほど強いかに応じて、それは我々を傷つけるかもしれませんし、そうはならないかもしれない」

「つまり、勢力図に動きがあるとすれば、それは2022年だと思う。2022年はそうなると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / マクラーレン / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス